兵庫県明石市の分譲マンションで遮音マットを採用頂き施工現場に行って来ました。

職人さんから施工しやすい!とご好評で、およそ30坪ほどの現場でしたが2日間で貼り終わりそうです。

今回残念ながら仕上げ材の方は無垢フローリングではありませんが、マンションの施工には殆どの場合「遮音に関する規定」が設けられています。
現在では「ΔLL(I)-4」と云う表記が正しいのですが、あまり浸透しておらず「LL-45相当」などと表記されています。
違いは試験の方法なのですが、文章に書くとなかなか小難しい話になってしまうので、知りたい方はお問合せ下さい。

さて、マンションの遮音規定をクリアするためにはこのような遮音マットを使用する他に、「乾式二重床」と呼ばれる遮音性能のある束を立ててする方法、「遮音性能のある床材」を使用する方法があります。

「乾式二重床」の場合は「LL-40相当(LL-45よりも高い基準)」の施工も可能ですが、仕上げ高がかなり上がってしまうため、ある程度天井高のあるマンションか、新築当時から「乾式二重床」になっているマンションでなければ使いづらいデメリットがあります。またコストも一番高くなります。

次に「遮音性能のある床材」を使用すると云う方法ですが、こちらもカーペットなどで「LL-40相当(LL-45よりも高い基準)」の床材もあります。
仕上げ高を薄くすることが可能でコストも安くなるため多くの場合はこのパターンですが、木質系フローリングの場合は「フワフワした不快な足触り」で慣れていないと気持ち悪くなることもあります。

そして残念ながら無垢フローリングでLL-45相当の遮音性能を有する商品はあまり見かけません。まぁ時々見かけるのですが割れなどのクレームでいつの間にかラインナップから消えているか、もしくは複合フローリングで結局「フワフワした足触り」のモノぐらいです。

消去法になるようですが、この遮音マットを用いた施工がおすすめで、特に無垢フローリングを用いて「フワフワしないシッカリとした足触り」を求めるなら一番良い選択でしょう。