ビルマチーク / ミャンマーチークとは

ビルマチーク / ミャンマーチークはアメリカン・ブラック・ウォルナット、マホガニーと並び世界三大銘木のひとつに数えられており、その中でもミャンマー産のTectona hamiltoniana(Dahat Teak) は、ミャンマーの固有種で、現在絶滅危惧種に指定されています。
ビルマチーク / ミャンマーチークは高樹齢のため杢目が詰まって色調は濃く、もともと木に含まれる油分が多く、抜群の寸法安定性を誇るため潮水を浴び、太陽に照りつけられるような客船の甲板などデッキにも用いられており、病害虫に対しても非常に強いため「木の王様」と呼ばれています。
硬さ
★★★☆☆
主な産地
ミャンマー
生産国
ミャンマー


ビルマチーク / ミャンマーチーク


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう