樹種アッシュ, 解説

アッシュ(タモ)の色調はオーク(ナラ/楢)と酷似しておりますが、虎斑はなく、より強い杢目が特徴でその美しさを生かして無垢版のテーブルトップやキャビネット、食器棚、タンスの表面材として重用されています。
材質は硬く、粘りがあるた ...

樹種アメリカンブラックウォルナット, 解説

アメリカン・ブラック・ウォルナットはやや紫がかった美しいチョコレート色と独特の落ち着いた杢目で、無垢フローリングだけではなく最高級の家具や建具、楽器としても非常に人気が高く、ミッド・センチュリー・デザインの代表的な樹種でもあります。

樹種アメリカンブラックチェリー, 解説

アメリカン・ブラック・チェリーはその名の通り、北米産のサクラで、淡く優しい杢目にシルクのように滑らかな肌触りは他の度の樹種にも替え難い魅力を持つ樹種で、特に家具などでも人気があります。
>特徴として経年変化が極端に速く、 ...

樹種オーク, 解説

オーク(ナラ/楢)は北東アジア大陸産のミズナラを中心に欧州産、北米産のホワイト・オーク、レッド・オークなどの種類があり、日本ではどんな家具や建具にも合わせやすいためもっとも馴染み深く飽きのこない樹種として人気があります。
黄白 ...

樹種ケンパス, 解説

ケンパスは東南アジアに生育する木の中でも最大級に大きく育つ樹種で、材木として比較的安定した供給があり、同じマメ科の花梨にも似た赤褐色のためその昔、花梨の代替品として「ニューカリン」などの名前で流通していました。
当時は乾燥や製 ...

樹種ヒノキ, 解説

サイプレス(ヒノキ/桧)は日本を代表する針葉樹で、独特の芳香と淡く上品な色調、そしてスギと比較して強度に優れ、また油分を含んだ材質から耐水性にも優れた樹種で浴室などにも用いられています。
和風建築の主要材として社寺建築をはじめ ...

樹種スギ, 解説

シダー(スギ/杉)は日本固有種の針葉樹で柔らかな足触りと、ナチュラルな風合いから和洋を問わず親しまれている無垢フローリングで、吉野杉、秋田杉天竜杉など日本各地に伝統的な植林地があります
赤身と白太が明瞭で白太だけの「白」、赤身 ...

樹種カバザクラ, 解説

シルバーチェリー(カバザクラ/樺桜)は日本ではカバザクラ(樺桜)や、中国西南部を主な原産地とすることから西南桜と呼ばれており、アメリカン・ブラック・チェリーに似た淡い杢目と、優しい桜色の材質から「サクラ」の名が付けられていますが、実際 ...

樹種チーク, 解説

インドネシアチークは世界各地で植林されているチーク材の中で、最も歴史があり、また植林技術に優れたインドネシアチークはビルマチーク/ミャンマーチークと比較して、色調はやや明るく淡い杢目が特徴です。
インドネシアの製材工場はミャン ...

樹種クリ, 解説

チェスナット(クリ/栗)は古来より日本では家屋の土台や寺社仏閣の構造材、鉄道の枕木として用いられ硬い木として有名な樹種です。
色調はオーク(ナラ/楢)と酷似しておりますが、虎斑はなく、耐湿性、寸法安定性にも優れており、より明瞭 ...

樹種チーク, 解説

ビルマチーク/ミャンマーチークはアメリカン・ブラック・ウォルナット、マホガニーと並び世界三大銘木のひとつに数えられており、その中でもミャンマー産のTectona hamiltoniana(Dahat Teak) は、ミャンマーの固有種 ...

樹種花梨, 解説

パドウク(カリン/花梨)は一般的に花梨と呼ばれており、その美しい赤褐色と独特の瘤(バール)杢で世界中の愛好家から珍重されています。
海外では紫檀同様に「ローズウッド」の名で親しまれている銘木のひとつで、タイ北部、ラオス、カンボジア産 ...

樹種バーチ, 解説

バーチ(カバ/樺)は北半球の寒冷地に約60種分布しているカバノキ科シラカンバ属の広葉樹で、ヨーロッパの寒冷地でも良く使用されており、北欧デザインの家具などにも愛用されている樹種です。
柔らかな杢目と部分的に光沢感のある放射杢を ...

樹種パイン, 解説

レッド・パインは欧州赤松とも呼ばれるマツ科の針葉樹で、北欧のスウェーデン、フィンランドを中心に、ポーランド、ロシアからフローリング、建具、構造材、家具など大量に輸入されています。
柔らかな材質には優れた蓄熱作用があり、このため ...

樹種パイン, 解説

マリティム(Maritime)とはフランス語で海岸を意味し、フランス南西部アキテーヌ地域の地中海沿岸の防風林として植林されており首府ジロンド県の県庁所在地であるボルドーの名を冠しています。
砂地で育ち、地中海からの強い風と紫外 ...