無垢フローリングの欠けを補修

ボルドーパインの220mm幅無垢フローリングを納品と施工をさせて頂きました現場でフローリングに欠けが発生したとのコトで本日は補修でお邪魔しました。

欠けた部分が残っていればそれを再び貼り付けるコトが可能なのですが、今回は欠けた部分がないためパテを作って埋めるコトに。
もっと大きな欠けであれば同じ樹種をそのサイズにカットして継ぐと云う手もあります。

パテは砥粉と接着剤を混ぜたもので、乾燥すると痩せるため、少しずつ塗って多めに盛り付け最後はサンディング。

着色できない現場なので色を合わせて杢目を書き込むことまでは出来ませんがこれが乾燥していくと節のように見えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください