投稿日:

DIYで6畳和室を無垢フローリングに変えるには

今回はDIYで畳を無垢フローリングに貼り替えリフォームする場合のおおよその費用と、施工方法をご説明致します。
用意する道具はのこぎりと電動ドライバーだけ。

先ずは畳の撤去。
ウレタン畳か本畳によって処分料金は異なるそうですが、一般的に1枚2,000円もあれば充分なので2,000円×6枚=12,000円

畳を撤去するとどのような下地になっているか分かりませんが、大体木質系の下地合板ではないかと思います。

ここに303mmピッチで根太を施工していきます。
畳の厚みはJIS A5902で55mmか60mmと定められており、使用する無垢フローリングの厚みが15mmのため、55mmの厚みなら40角、60mmの厚みなら45角の根太を使用すると丁度良いですが、程良い高さのものがない場合は下地に薄い合板などを敷いて厚み調整して下さい。
今回は45角で長さ2m×19本=38m分準備して、1本450円とすれば8,550円
下地への固定はコーススレッドビスなどを用いて施工して下さい。
直径3.7×57mmが100本程度のため約500円

因みに根太と根太の間にスタイロフォームなどを敷き詰めると断熱効果があります。

さて、そこで施工する無垢フローリングですが最も価格が安く、そして電動の丸ノコがなくても頑張れば手ノコで切れるレッドパインをチョイス。

レッドパインの無垢フローリングは無塗装でサイズなどにもよりますが大体6畳(約10㎡)で30,000円程度
貼り方は左上から貼り始めて、右端で切ったものを再び左端に使う最もロス率の少ない「乱貼り」で施工をしますが、今回は根太上の下地合板を貼らずに施工するため、常にサネが根太の上に来るワケではない「乱貼り」の場合、都度サネのかみ合う下に根太に使用した角材の余りを補強のために入れて下さい。

無垢フローリングを根太に貼り付けるには本来ならコンプレッサーを使用してブラッドネイルもしくはステープラーを用いますが、今回はDIYなので電動ドライバーを用いて三角仕上げビス(ダンドリビス)をFV27CR、直径2.4×27mmを使用するとして730本入り(こんなに必要はありませんが…)で約2,500円

最後にオイル仕上げで完了ですが、ホームセンターなどで販売されているワトコオイルなどは1リットルで約2,500円
壁際などぴったり上手に施工するにはテクニックが必要ですがDIYで6畳和室を無垢フローリングに変えるにはこんな感じです。
施工などもご相談下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です