無垢フローリングに合成樹脂ワックスは厳禁

先月、アカシア無垢フローリングを大阪府大東市のマンションリノベーション現場に納品させて頂きました。
その不動産会社(お施主様)さんから「工事業者さんがワックスを塗ったらシミになった!」
…とご連絡があり確認に行って来ました。

無垢フローリングに合成樹脂ワックスは厳禁

現場に行ってみると至るところにシミや靴跡。
原因は現場の洗い業者さんが誤って塗装した合成樹脂系のワックス。
元々納品させて頂いた際にオイル仕上げにしているため、ワックスを塗ると剥離するためこのようなシミになります。

大体の合成樹脂系ワックスの注意書きに「無垢材(白木)、オイル仕上げの床には塗布しないで下さい」と書かれているのですが、現場の方はその床が無垢フローリングなのか、合板フローリングなのか、塩化ビニルの杢目シートなのかすら分からずに作業していることが多々あります。

無垢フローリングに合成樹脂ワックスは厳禁

まぁ正直よくあるトラブルと云ってしまうと身も蓋もないのですが、余程無垢フローリングに精通している工務店さんでなければ洗い業者さんにまでその材質と特性について周知徹底していないのが現状です。
こう云った点でも無垢フローリングの施工は天然木に慣れた施工業者選びが重要と云えるでしょう。

無垢フローリングに合成樹脂ワックスは厳禁

今回は幸いにもお引き渡しまでまだ時間があるそうなので、取り敢えずワックス剥離剤でワックスを除去して、全体的にサンディングするように業者さんへアドバイス。
オイル仕上げの再塗装に関しては不安なので僕自身が行って現場塗装するのでまた経過はこのブログで。

無垢フローリングに合成樹脂ワックスは厳禁

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう