楽天Koboスタジアム宮城のメタセコイア

楽天Koboスタジアム宮城のメタセコイア(らくてんこぼすたじあむみやぎのめたせこいあ)と呼ばれる宮城県仙台市にあるメタセコイアをご紹介致します。

楽天Koboスタジアム宮城のメタセコイア

今年の3月、SwimEx様のプールと共に納材させて頂きましたイタウバのウッドデッキの施工時にお邪魔した際、ひと際存在感を感じた楽天Koboスタジアム宮城前のメタセコイア。

楽天Koboスタジアム宮城のメタセコイア

メタセコイアは1945年(昭和20年)まで「化石」としてしか発見されておらず既に絶滅した種とされていたそうですが、中国四川省磨刀渓村と云う村で同種が発見され、まだ絶滅していないことが確認されたため「生きている化石」と呼ばれれています。

その発見された同種が中国で「水杉(すいさん)」と呼ばれており、日本でも「曙杉(あけぼのすぎ)」と呼ばれていますが、学術的にはスギよりもヒノキに近い樹種で、紅葉し落葉する針葉樹です。

楽天Koboスタジアム宮城のメタセコイア

撮影したのが冬の終わりだったため、すっかり落葉してしまっていますが、秋ごろには真っ赤に色付き、楽天イーグルスのチームカラーであるクリムゾンレッドにピッタリな並木道になるのでしょうね。

メンテナンスも兼ねて秋ごろに再度訪れたいものです。
近くにある国指定天然記念物の苦竹のイチョウも秋に見ておきたい一樹ですし、ついでに仙台に行くなら冷やし中華発祥のお店にも行ってみたいですしね。

名称
楽天Koboスタジアム宮城のメタセコイア
樹種
メタセコイア
撮影日
2017年3月30日
所在地
〒520-0113 滋賀県大津市坂本5-1-1
樹齢
サイズ
幹周:— 樹高:—
備考

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう