オークの無垢フローリングのリフォームでトラブル

エコロキア

078-600-2335

〒658-0005 兵庫県神戸市東灘区青木5-11-8

 定休日 / 日・祝

オークの無垢フローリングのリフォームでトラブル

ブログ

2019/10/19 オークの無垢フローリングのリフォームでトラブル

数日前、オークの無垢フローリングが貼ってある一戸建てをとある工務店さんでリフォームをしたお施主様より無垢フローリングの補修について「神戸ムクリノ」にご相談がありました。

 

 

拝見するとオークの無垢フローリングにオイルステインとカラーワックスを塗布したようです。

そもそもカラーワックスはオイル仕上げの床には不適切ですし、塗り方もムラだらけで養生もせずに塗布しているので巾木にもカラーワックスが付いている酷い有様。

 

 

こんな風にカラーワックスをはじいてしまう場所もあり、

 

 

目割れが発生している場所もあり、

 

 

小さな傷が無数にある場所もあり…とその工務店さんでは全て補修は不可能で、この上にクッションフロアを施工することを勧められたそうですが、このオークの無垢フローリングを使いたいと云ったらカラーワックスを塗布されてしまったようです。

まぁ工務店さんの営業の方もこんな無垢フローリングをどうすれば良いかわからないでしょう。

 

上記のような傷は無垢フローリングであれば何とでもなります。

今回の場合は、

 

1.ワックスの剥離

2.表面の研磨

3.再塗装

 

の3工程。全て神戸ムクリノで施工可能ですが、工務店さんもクレーム対応で出来る限りのことは自社でしたいとのことでしたので1.ワックス剥離はして頂くことになりました。

 

…とは云え、その工務店さんの職人さんもワックス剥離の経験がないので、昨日午前中にワックス剥離の方法をレクチャー。

 

 

剥離剤を染み込ませて、ワックスがふやけてきたらスクレイパーで削り取る方法をご説明。

 

しかし…

 

 

午後に再び現場に行くと、剥離剤をザバッと床にかけてスポンジでゴシゴシ。

時間がないのでいっきにやっつけてしまいたかったようで、確かにこれでワックスは剥離できますが…

 

 

乾燥したら長靴の足跡や水滴のシミ、バケツの輪染みなど…

 

 

もう大惨事です。

普通なら貼り換えレベルの状態。

 

しかしここからが、無垢フローリングの専門店エコロキアの「神戸ムクリノ」のお仕事。

明日、日曜出勤でこのオークの無垢フローリングを綺麗にします。

 

 

エコロキアロゴ01
無垢フローリング・ウッドデッキ専門店
エコロキア株式会社

電話番号:078-862-9936
住所 〒658-0005 兵庫県神戸市東灘区青木5-11-8
定休日 日・祝日

 

無垢フローリング・ウッドデッキの輸入販売、施工、補修、メンテナンスなら樹種・経験豊富なエコロキア

 

無垢フローリング商品検索

 

無垢フローリング施工事例

 

無垢フローリング特殊加工

 

あなたの街の大きな木

TOP