2018年版幼稚園・保育園に最適な無垢フローリング3選

幼稚園・保育園に最適な無垢フローリングの基準

「子供達の手足が触れるところに天然素材を使いたい!」とこだわりのある幼稚園、保育園が増えてきており、エコロキアでも無垢フローリングだけではなく、無垢の羽目板やウォールパネル、珪藻土など販売、施工のご依頼を頂いております。
ここでは下記のポイント

  • ☑ 素足で触れて気持ちが良い
  • ☑ おもちゃなどを落としても傷が目立ちにくい
  • ☑ メンテナンスが比較的容易
  • ☑ 明るく可愛らしい

これから幼稚園・保育園を始める方、幼稚園・保育園をつくる方、是非参考にして下さい。

1.ボルドーパイン / マリティムパイン 無垢フローリング 一枚もの ラスティック


ボルドーパイン / マリティムパインは同じパイン材のレッドパイン(欧州赤松)と比較して丈夫で杢目が力強いため傷が目立ちにくく、また針葉樹ならではの温かみのある足触りは子供たちが直に触れる床材として最適と云えます。
エコロキアでも過去に大阪市にあるハピオスインターナショナル保育園でも採用実績があり子供たちに素足でご利用頂いております。

» ボルドーパイン / マリティムパイン 無垢フローリング 一枚もの ラスティック:オイル仕上げ(透明つや消し)

2.圧密床暖房対応 サイプレス(ヒノキ / 桧) 無垢フローリング 一枚もの 普及品


日本を代表する針葉樹と云えばやはりサイプレス(ヒノキ / 桧)
今回ここでご紹介するのは床暖房対応の桧で、もともと針葉樹で温かみのある足触りに床暖房も使えるので冬でも素足で気持ちが良く、特に冷え性の保育士さんからも好評の無垢フローリングです。

» 圧密床暖房対応 サイプレス(ヒノキ / 桧) 無垢フローリング 一枚もの 普及品:オイル仕上げ(透明つや消し)

3.シルバーチェリー(カバザクラ / 樺桜) 無垢フローリング ユニ ラスティック


パイン、ヒノキと柔らかな足触りを重視して針葉樹が続きましたが次に挙げるのはシルバーチェリー(カバザクラ / 樺桜)
ナチュラルグレードはスッキリとしたクリーンな印象の無垢フローリングですが、ラスティックグレードは節が多く傷や汚れの目立ちにくいデザインです。
温かみのある淡い桜色と針葉樹とは違って硬く傷つきにくく、またダンスフロアーなどでも使用されているしなやかな弾力性があり子供たたちが走り回っても足腰への負担の少ない無垢フローリングです。

» シルバーチェリー(カバザクラ / 樺桜) 無垢フローリング ユニ ラスティック:オイル仕上げ(透明つや消し)

まとめ

やはり幼稚園・保育園は子供達に「無垢フローリングを丁寧に扱いなさい!」と言い聞かすことはできないので傷や汚れに強く、そしてことんだりした時にも怪我をしにくい柔らかさを両立しなければなりません。
傷に関しては「ラスティック」グレードで目立ちにくいもの、汚れに関しては自然塗料やコーティングでカバーをして肌触りのより温かみのある無垢フローリングを選べば良いでしょう。
因みに施工方法として無垢フローリングの下に「頭部衝撃吸収マット」を敷き詰める方法もあり、硬めの材質の無垢フローリングを使用しても体育館並みの柔軟性を持ったフロアに仕上げることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください