2018年版カフェに似合う無垢フローリング3選

カフェに似合う無垢フローリング

「カフェ」とひとことで云ってもスターバックスのような世界規模の大型チェーン店もあれば、商店街の憩いの場の喫茶店、ジャズ喫茶、純喫茶などデザインは千差万別です。
ここでは下記の4つのポイントでカフェに似合う無垢フローリングをご紹介致します。

  • ☑ コーヒーをこぼしても目立ちにくい
  • ☑ 椅子などをひいても傷が目立ちにくい
  • ☑ メンテナンスが比較的容易
  • ☑ 格好良い

これからカフェを始める方、カフェの店舗をつくる方、是非参考にして下さい。

1.ヴィンテージ加工(ダメージ) アカシア 無垢フローリング ユニ ラスティック:オイル仕上げ(ヴィンテージブラウン)


カフェに似合う無垢フローリングと云われるとやはり一番人気はこのヴィンテージ加工(ダメージ)が施されたアカシアです。
このヴィンテージ加工(ダメージ)が施されていることで椅子や机を引いたり、モノを落としたりする傷は一切気になりません。
そしてコーヒーにも似たオイル仕上げ(ヴィンテージブラウン)で塗装することで汚れも目立たず、渋い空間に仕上げます。

» ヴィンテージ加工(ダメージ) アカシア 無垢フローリング ユニ ラスティック:オイル仕上げ(ヴィンテージブラウン)

2.ヴィンテージ加工(ノコ目) オーク(ナラ / 楢) 複合フローリング 一枚もの ラスティック:オイル仕上げ(ノルディックブラック)


こちらも「ヴィンテージ加工」ですが先ほどのダメージ加工とは違い、ノコ目と云うノコギリで粗挽きしたようなワイルドな表情に加工されています。
デザイン的な魅力もありますが滑り止めの効果も高く濡れた靴で入るようなこともある店舗の床に最適です。
こちらのヴィンテージ加工(ノコ目) オーク(ナラ / 楢) 複合フローリング 一枚もの ラスティック:オイル仕上げ(ノルディックブラック)は120幅、150幅、189幅とサイズは3種類からお選び頂けます。

» ヴィンテージ加工(ノコ目) オーク(ナラ / 楢) 複合フローリング 一枚もの ラスティック:オイル仕上げ(ノルディックブラック)

3.オーク(ナラ / 楢) 無垢フローリング ヘリンボーン ナチュラル:オイル仕上げ(マルチカラー「ブルックリン」)


「ブルックリンスタイル」や「インダストリアルスタイル」が得意のエコロキアがオススメするヘリンボーンのマルチカラー。
これは塗装は「透明つや消し」、「ヴィンテージブラウン」、「ビターチョコレート」の3色で塗り分けておりますが、お店のカラーに合う塗料をエコロキアのショールームで選んでオリジナルのマルチカラーを作ることも可能です。
エコロキアのショールームもこちらのマルチカラー「ブルックリン」が施工されており土足で使用しておりますのでどのような雰囲気になるのかご覧頂けます。

» オーク(ナラ / 楢) 無垢フローリング ヘリンボーン ナチュラル:オイル仕上げ(マルチカラー「ブルックリン」)

まとめ

大体硬めで傷が付きにくいか、色調や節などで傷が目立たない濃いめの樹種をお勧めしますが、むしろ傷や凹みも味のうち!…とボルドーパイン / マリティムパインにコーヒーから出る油分を塗装して施工…なんて現場もありました。
カフェの施工は現場にもよりますが、スラブへの直貼り施工などの制約があることも多く、無垢フローリングが使えるかどうか分からない場合はご相談下さいね。
無垢材を用いたカウンターやテーブル天板などもオリジナルで製作可能ですので、「木の温かみ」のあるカフェをご提案致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください