ビルマチーク / ミャンマーチーク商品一覧

ユニタイプ

価格は1箱あたりの金額を表示しております。商品によって梱包入数が異なりますのでご確認くださいますよう宜しくお願い致します。

ビルマチーク / ミャンマーチークとは

世界最高峰のビルマチーク

月並みな良い方ですが「木の大様」と呼ばれており、ヨーロピアン・ウォルナット、キューバン・マホガニーと並び世界三大銘木のひとつに数えられています。
その中でもチークは木に含まれる多量の油分によって水に強く、虫や腐りなどにも耐性があり、寸法安定性も非常に優れております。
そのためチークは世界中で最高級の材木として愛されていますが、ビルマチーク / ミャンマーチーク「Tectona hamiltoniana(Dahat Teak)」はミャンマーの固有種で、現在絶滅危惧種に指定されています。

豪華客船から高級ホテルまで

ビルマチーク / ミャンマーチークは天然のオイル成分テクトキノンを多量に含んでおり、シロアリなどの害虫に強く、抜群の寸法安定性を誇るコトから古来より船の甲板にも使用されており、照りつける太陽、荒ぶる潮風にさらされても精度に狂いが少なく、美しさが保たれると云われ、タイタニック号、クイーンエリザベスII世号、カティーサーク号、飛鳥IIなど名だたる豪華客船から戦艦「大和」、「三笠」などの軍用艦にも用いられていたことは有名です。
その美しさから建築内装材としてもフローリングはもとより、装飾材としても愛されており、日本では明治11年日本初のリゾートホテルとして誕生し、ヘレン・ケラーやチャールズ・チャップリン、ジョン・レノンとオノ・ヨーコなど数々の著名人に愛されている箱根・宮ノ下の富士屋ホテル、ホノルルのハレクラニやタイのマンダリン・オリエンタル・バンコク、その昔は素敵であったであろう大連賓館などに用いられています。

ビルマチーク / ミャンマーチークのお勧めポイント

もし「どの無垢材が一番良いですか?」と質問されればデザインの好みはあるでしょうが、抜群の寸法安定性や水、汚れなどに強いなど総合的に考えると木の専門家の多くが「チーク」と答えるでしょう。
その中でもビルマチーク / ミャンマーチークは「本チーク」と云われており、インドネシアチークをはじめ、タイやラオス、アフリカなどで植林されていますが一線を画しています。
前述したように豪華客船から世界中の有名ホテルまでビルマチーク / ミャンマーチークが愛されていることからもその素晴らしさは証明されているでしょう。