メルバウとは

オーストラリアで人気の樹種

メルバウはマダガスカルから東南アジア、ニューギニアを経て、オーストラリア、ソロモンなどに分布しており日本名では「太平洋鉄木」と呼ばれるように、非常に重厚で頑強なため、特にオーストラリアでは室内のフローリングだけではなく、屋外デッキとしても重用されている樹種です。

大量に含まれるポリフェノール

メルバウの最大の特徴として樹液には大量のポリフェノールを含んでいるためバクテリアの増殖を抑え、土足などの重歩行や、屋外での風雨に晒される過酷な状況下に於いても朽ちにくい耐久性を誇ります。
ただ、ポリフェノールは水溶性で水に溶けやすく、雨水などに晒されるとしばらくの間は真っ赤な樹液が流れ出るため注意が必要です。

メルバウの経年変化

メルバウに含まれる赤みを帯びたポリフェノールが年月を経るに従い紫外線などの影響で赤みが抑えられて上品な焦げ茶色へと変化します。

メルバウ関連記事一覧