イタウバ

イタウバとは
イタウバは主にブラジルを原産地とするクスノキ科の常緑広葉樹で、油分を多く含む材質のため表面が滑らかで、その他のハードウッドと比較して経年変化、乾燥によるささくれが非常に少ない樹種のため素足使用することが可能な数少ないハードウッドのウッドデッキ材として人気があります。
またこの油分を含む材質のおかげで腐朽菌などに対しても耐性があり、シロアリなどの害虫にも強いため、イペと並び非常に信頼性の高い木材として、桟橋や鉄道の枕木などの構造材にも数多く使用されています。

イタウバ 一枚もの ウッドデッキ 無塗装を滋賀県草津市の立命館大学 びわこ・くさつキャンパスで使用した施工事例です。

イタウバ ウッドデッキ 無塗装を大阪府大阪市此花区の舞洲ベースボールスタジアムで使用した施工事例です。

イタウバ ウッドデッキ 無塗装を宮城県仙台市の楽天koboスタジアム宮城で使用した施工事例です。

設計価格
500,000円 / m³
上記単価は設計価格(税別)となっておりますので、実販売価格につきましてはお問い合わせ下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう