投稿日:

アメリカン・ブラック・ウォルナットのスプーンカット

昨日はエコロキアの階段をオーク(ナラ / 楢)のスプーンカットで作成しましたが、続くときは続くもので設計士さんからご依頼頂いていたアメリカン・ブラック・ウォルナットのスプーンカットのサンプルが出来上がりました。
続きを読む アメリカン・ブラック・ウォルナットのスプーンカット

投稿日:

アメリカン・ブラック・ウォルナット框 BONA ドライファスト ナチュラル オイル仕上げ

少し年末に向けて一段落かな…と思って来年のカタログ作成と新しいショールーム探しに奔走しようしておりましたが、ここになって再び塗装ラッシュ。
続きを読む アメリカン・ブラック・ウォルナット框 BONA ドライファスト ナチュラル オイル仕上げ

投稿日:

交野市私市新築モデルルーム

株式会社前田組 住宅事業部様のモデルルームにアメリカン・ブラック・ウォルナット、シルバーチェリー(カバザクラ / 樺桜)、シダー(スギ / 杉)の無垢フローリングを使って頂き、オープンハウス前に拝見させて頂きました。
続きを読む 交野市私市新築モデルルーム

投稿日:

アメリカン・ブラック・ウォルナット ユニ ラスティック オスモ #3332 フロアークリアーエクスプレス仕上げ

さて、本日最後の仕事はアメリカン・ブラック・ウォルナット 120mm幅ユニ 無垢フローリング ラスティックグレードに オスモ #3332 フロアークリアーエクスプレスを塗装。
続きを読む アメリカン・ブラック・ウォルナット ユニ ラスティック オスモ #3332 フロアークリアーエクスプレス仕上げ

投稿日:

アメリカン・ブラック・ウォルナット ユニ ラスティック Bona オイル仕上げ

さて、昨日から続きのバーチ(カバ / 樺)ユニ ラスティック Bona オイル仕上げの塗装が終わって、次はアメリカン・ブラック・ウォルナット ユニ ラスティックの無垢フローリングに同じくBona オイル仕上げ。
続きを読む アメリカン・ブラック・ウォルナット ユニ ラスティック Bona オイル仕上げ

アメリカン・ブラック・ウォルナット

アメリカン・ブラック・ウォルナット商品一覧

アメリカン・ブラック・ウォルナットとは

ミッド・センチュリー・デザインの定番

アメリカン・ブラック・ウォルナットアメリカン・ブラック・ウォルナットはやや紫がかった美しいチョコレート色と独特の落ち着いた杢目で、無垢フローリングだけではなく最高級の家具や建具、楽器としても非常に人気が高く、オーク(ナラ / 楢)と並びミッド・センチュリー・デザインの代表的な樹種です。
その名の通りアメリカのミズーリー州、オハイオ州、インディアナ州、またカナダのオンタリオ州などを中心とした北米を原産地とし、アジアの色調の薄いウォルナット(クルミ / 胡桃)とは異なるエレガントで落ち着いたブラック系の色調のクルミです。
古来よりヨーロッパのほぼ全域から、トルコなど中東、西アジアに生育していたヨーロピアン・ウォルナットがビルマチーク / ミャンマーチーク、キューバン・マホガニーと並び世界三大銘木と称されており、現在ではアメリカン・ブラック・ウォルナットもヨーロピアン・ウォルナットと同様に深く濃い茶色の杢目を有する茶褐色であるため、代替品として高い評価を受けています。

価格は最上級

アメリカン・ブラック・ウォルナットは前述した通り非常に人気の高い樹種ですが、北米の限られた地域でしか生育せず、そのため価格は数ある樹種の中でも高値安定となっています。
普遍的な価値のあるアメリカン・ブラック・ウォルナットなので、長年使い込むことで美しさも増し、その価格以上の価値ある樹種ではありますが、近年コストダウンのために複合フローリングや三層フローリングなど表面に2~4mm厚程度の挽板を用いたフローリングも増えてきています。
また樹種として価格の安いオーク(ナラ / 楢)アカシアなどの無垢フローリングにウォルナット色を塗装して雰囲気を似せる方法も人気があり、アメリカン・ブラック・ウォルナットに似た色の塗料も数多く販売されています。

アメリカン・ブラック・ウォルナットの経年変化

アメリカン・ブラック・ウォルナットの経年変化アメリカン・ブラック・ウォルナットは年月を経るに従い右の写真のように少しずつ色調が薄くなり、赤味が褪色することで落ち着きのあるアメリカン・ブラック・ウォルナットらしいダークブラウンへと変化します。
同じオイル仕上げでも亜麻仁油や荏油のように黄色味の強い塗料を使用することでより一層深みのあるブラウンに仕上げることが可能です。

アメリカン・ブラック・ウォルナットのお勧めポイント

その人気は無垢フローリングだけではなく、家具や建具など木製品全般に及びますが、アメリカン・ブラック・ウォルナットの本物だけが持つ存在感は格別です。
樹種にこだわらずダーク系の無垢フローリングを希望している方にとっては値段が高い樹種ですが、木の種類にこだわりがあり本物志向の方ならば、他に代えがたい魅力があります。
アメリカン・ブラック・ウォルナットには偽物と云うわけではありませんが、商業的に東南アジアのロックファや中国のアカシアなどブラック系の樹種を「アジアン・ウォルナット」と名付けたり、塗料でウォルナット色を塗装した他の樹種がありますが、裏を返せばその人気の証拠でしょう。

アメリカン・ブラック・ウォルナット関連記事一覧

投稿日:

アメリカン・ブラック・ウォルナット ヘリンボーン 無垢フローリング 塗装開始

今朝、無事にベトナムでの仕事を終えて帰国したら待ち受けているのはアメリカン・ブラック・ウォルナット ヘリンボーン 無垢フローリングの塗装。
山積みです。
続きを読む アメリカン・ブラック・ウォルナット ヘリンボーン 無垢フローリング 塗装開始

投稿日:

アメリカン・ブラック・ウォルナットの自作デザインパーケット

設計士様より強いご要望でアメリカン・ブラック・ウォルナットのユニ 無垢フローリングを加工して自作のデザインパーケットを作成しました。
続きを読む アメリカン・ブラック・ウォルナットの自作デザインパーケット

投稿日:

余った無垢フローリングでテーブル作成中

正式なエコロキアのお仕事ではありませんが、ちょっとした趣味とサービスを兼ねて、施工時に余った材を用いてテーブルの作成をしたりもします。
続きを読む 余った無垢フローリングでテーブル作成中

投稿日:

マンション リノベーション工事にご採用頂いた アメリカン・ブラック・ウォルナット 無垢フローリング(滋賀県大津市)

施工現場写真

続きを読む

投稿日:

DIYで出来る!フローリングの水シミ補修

無垢フローリング、複合フローリング、三層フローリングなど自然塗装仕上げのフローリングによくあるトラブルのひとつに水シミがあります。

表面にウレタン塗装を施していればあまり水シミは発生しませんが、自然塗料の場合は塗料の種類にも拠りますが多かれ少なかれ、水滴が付くと水シミになりますが、もし水シミが出来てしまっても安心して下さい。
水シミはDIYで簡単に消せるので淡色系でチェスナット(クリ / 栗)と濃色系でアメリカン・ブラック・ウォルナットの無垢フローリングに水をこぼして実験してみました。

続きを読む

投稿日:

アメリカン・ブラック・ウォルナットとアジアン・ウォルナット

材木の商業名と実際の学術的な分類と云うのは結構異なっており、まぁ似ていると云うだけで適当な名前が与えられるコトもしばしばあります。
例えば花梨に似ているケンパスが「ニューカリン」、桜に似ているバーチの赤身が「西南サクラ(樺桜)」などなど。
本日はその流れで、似ているようで全く違う「アメリカン・ブラック・ウォルナット」とロックファこと「アジアン・ウォルナット」についてご説明しましょう。

続きを読む アメリカン・ブラック・ウォルナットとアジアン・ウォルナット

投稿日:

新築戸建てにご採用頂いた アメリカン・ブラック・ウォルナット 無垢フローリング(兵庫県明石市)

続きを読む