一枚もの

一枚ものとは1枚の無垢材に一切の継ぎがなく、一定の長さに揃えられたフローリングの形状で、1本の材料から生産できる量も限られており希少性が高く、また施工した際に目地(糸面)が他の形状よりも少なくなるためスッキリとした空間をデザインします。

乱尺

乱尺とは一枚ものと同様に1枚の無垢材に一切の継ぎはありませんが、ランダムな長さになっているフローリングの形状で、ユニやFJLのような継ぎがないため比較的スッキリとした空間をデザインし、一枚ものと比較してリーズナブルな価格設定となっております。

へリンボーン

ヘリンボーンとはV字が続くその形状から、ニシン(Herring)の骨(bone)と云う意味で、日本では杉の葉のようなデザインから杉綾(すぎあや)・綾杉(あやすぎ)とも呼ばれており、無垢材をV字に施工するデザインのフローリングで織物生地にも用いられている名称です。

FJL

FJLとはフィンガージョイントラミネート(Finger Joint Laminate)の略で無垢材の小さなピースを横方向に3~4枚、縦方向にランダムな長さで継いで6尺の一定の長さに揃えられたフローリングの形状で、ユニ以上に小さなピースを使用でき、幅広で施工手間も少なくリーズナブルな価格で供給されています。

ユニ(フィンガージョイント)

ユニとは無垢材のランダムな長さのピースを3~6枚程度縦方向に継いで、一定の長さに揃えられたフローリングの形状で、小さなピースを使用できるため、一枚ものと比較してエコロジー且つリーズナブルな価格で安定供給されています。

パーケット

パーケットとはあらかじめ2mm厚程度の無垢材を用いてデザイン貼りされたフローリングの形状で、合板の上に貼られているため施工性に優れており、裏面にはスラブに直接施工できるようラバーが貼られています。