インドネシアチーク

インドネシアチークとは

植林チークの頂点

インドネシアチークチークは植林材としてはインドネシア産が最も有名で非常に高度な植林技術があり、ラオス産、タイ産、ベトナム産などの東南アジア以外にアフリカのコートジボワール産、タンザニア産、南米からはコスタリア産、コロンビア産など他の植林チークとは一線を画しており、最も歴史があり、また植林技術に優れたインドネシアチークは本家のビルマチーク / ミャンマーチーク以上に市場に流通しております。
インドネシアの製材工場はミャンマーと比較して加工精度が高く、現在では無垢フローリングだけではなく、チーク家具に於いてもインドネシア産が主流となっており、昔ほどチークはミャンマー産以外はニセモノと云う風潮はなく、明るい色調がお好みの方はインドネシアチークを選ぶ傾向にあります。

インドネシア産とミャンマー産との違い

インドネシアチークとビルマチーク / ミャンマーチークの見た目の違いは、インドネシアチークは植林材で生育が早いため、高樹齢のため杢目が詰まって色調が濃いミャンマーチークと比較すると杢目は不明慮で明るい色調と濃淡差が多いことが特徴です。
近年、インドネシア国有森林公社Perhutani(プルフタニ)によるチーク原木の管理が厳しくなったため杢目の詰んだ良質の原木が多くなってきておりますが、価格も上昇傾向にあります。
そしてビルマチーク / ミャンマーチークとの一番の違いは製材工場の技術力で、インドネシアの方がその点に於いて随分とリードしており、無垢フローリングとしての加工精度、また様々な形状や塗装に対応できます。

インドネシアチークの無垢フローリング一覧

インドネシアチークはビルマチーク / ミャンマーチークと異なり植林材で幹が大きくなる前に伐採するため、あまり幅の広い高樹齢の材木は難しいのですが、プレミアム(節、白太の含まないグレード)の1グレードのみをご用意しております。
無料サンプルをご用意しておりますのでお電話:078-862-9936(9:00~19:00 日・祝定休)かFAX:078-862-9946、お問合せ・サンプル請求フォームよりご連絡下さい。

ユニタイプ

ユニとはランダムな長さのピースを3~6枚程度縦方向に継いで一定の長さに揃えられたフローリングの形状で、小さなピースを使用できるため、一枚ものと比較してエコロジー且つリーズナブルな価格で安定供給されています。

インドネシアチーク ユニ 無垢フローリング 15×90×1820mm 【プレミアム】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:ITKUP-090(NO1)
形状:ユニ
種類:無垢フローリング
寸法:15×90×1820mm
入数:1.64m²(10枚)
グレード:プレミアム
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考

ヘリンボーンタイプ

ヘリンボーンとはV字が続くその形状からニシン(Herring)の骨(bone)と云う意味で、日本では杉の葉のようなデザインから杉綾(すぎあや)・綾杉(あやすぎ)とも呼ばれており、フローリングだけではなく織物生地にも用いられている名称です。

インドネシアチーク ヘリンボーン 無垢フローリング 15×60×420mm 【プレミアム】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:ITKHP-060(NO1)
形状:ヘリンボーン
種類:無垢フローリング
寸法:15×60×420mm
入数:1.64m²(65枚)
グレード:プレミアム
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考

ウォールパネルタイプ

ウォールパネルとは無垢材を用いた壁材で両面テープで施工できるようになっています。

インドネシアチーク ランダムブリック ウォールパネル 20×540×204mm 【ナチュラル】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:ITKW1N-540(NO1)
形状:ランダムブリック
種類:ウォールパネル
寸法:20×540×204mm
入数:1.1m²(10枚)
グレード:ナチュラル
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考

インドネシアチーク ブリック ウォールパネル 18×540×204mm 【ナチュラル】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:ITKW2N-540(NO1)
形状:ブリック
種類:ウォールパネル
寸法:18×540×204mm
入数:2.64m²(24枚)
グレード:ナチュラル
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考

インドネシアチーク キューブ ウォールパネル 18×204×204mm 【ナチュラル】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:ITKW3N-204(NO1)
形状:キューブ
種類:ウォールパネル
寸法:18×204×204mm
入数:0.42m²(10枚)
グレード:ナチュラル
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考

インドネシアチーク キューブ ウォールパネル 18×204×204mm 【ナチュラル】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:ITKW4N-272(NO1)
形状:アート
種類:ウォールパネル
寸法:15×272×306mm
入数:1.17m²(14枚)
グレード:ナチュラル
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考

インドネシアチーク無垢フローリングの塗装

無塗装品も御座います

インドネシアチーク無垢フローリングを施工後、自分で塗装をしたい方に無塗装品もご用意しております。
またご希望に合わせてオスモやリボス、BONA、エシャなど様々な自然塗料を塗装して納品することも可能です。オイル仕上げの塗装方法やメンテナンス方法なども合わせてご説明させて頂きますのでお問合せ下さい。

インドネシアチーク無垢フローリングの施工事例

インドネシアチーク無垢フローリングをご採用頂きました施工事例をご紹介致します。

インドネシアチーク ランダムブリック ウォールパネル 20×540×204mm  【ナチュラル】オイル仕上げ(透明つや消し)

インドネシアチーク ランダムブリック ウォールパネル 20×540×204mm 【ナチュラル】オイル仕上げ(透明つや消し)を兵庫県神戸市東灘区のマンション リノベーション工事で使用した施工事例です。

インドネシアチークの経年変化

インドネシアチークの経年変化インドネシアチークはミャンマーチークと比較すると濃淡差が激しいのですが、日に焼けて経年変化することで濃い箇所は薄くなり、薄い箇所は濃くなっていくので、年月を経るに従い整った美しい「チークゴールド」と呼ばれる美しく高級感のある色調へと変化します。

インドネシアチークの無垢フローリングを選ぶ理由

植林材と云う理由でビルマチーク / ミャンマーチークよりも劣るように表現されることもありますが、近年インドネシアチークの原木に対する政府の管理が厳しくなり、元々工場の製材に関する技術の高さから決して劣っているとは云えません。
確かに色調は浅くなりますが、チークで明るい空間にしたいご希望でしたら断然インドネシアチークの方がお勧めです。
また特殊な形状や塗装など、別注品の生産などに於いてもインドネシアの工場であれば可能ですのでご相談下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう