パダウク(カリン / 花梨)とは

パダウク(カリン / 花梨)は一般的に花梨と呼ばれており、その美しい赤褐色と独特の瘤(バール)杢で世界中の愛好家から珍重されています。
海外では紫檀同様に「ローズウッド」の名で親しまれている銘木のひとつで、タイ北部、ラオス、カンボジア産の花梨を中心にミャンマーの「ビルマカリン(プラドゥー)」、東インドの「アンボイナ」あたりを本花梨と云いフィリピンの「ナーラ」やインドネシアの「リングア」は広義には花梨ですが、本花梨と比較して黄色味が強いことが特徴です。
硬さ
★★★★★
主な産地
カンボジア・ラオス
生産国
ベトナム



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*