楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

施工現場写真

イタウバ ウッドデッキ 無塗装を宮城県仙台市の楽天koboスタジアム宮城で使用した施工事例です。

SwimExプール上部

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

立命館大学 びわこ・くさつキャンパス舞洲ベースボールスタジアムに続き、楽天koboスタジアム宮城でもSwimEx社の流水プールのプールサイドに仕上げ材としてイタウバをご採用頂きました。

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

世界のトップブランドSwimEx社の流水プールは楽天koboスタジアム宮城にも採用されており、日本でもトップアスリートにとって欠かせない存在となっています。

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

プールサイドの仕上げ材としてはタイルが一般的で、天然木を用いる仕上げは敬遠されがちですが、タイルの「割れる」「滑る」「冷たい」などの点からSwimEx日本総代理店の流水プールにはエコロキアの天然木が正式採用されています。

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

天然木を利用する利点としてはタイルと違い「温かみがある」「滑りにくい」などが挙げられ、今回もご採用頂いているイタウバはウッドデッキの中では割れやササクレが発生しにくいため素足での利用に適したハードウッドです。

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

「水のかかるようなところで使えるのですか」とご質問を頂きますが、基本的にイタウバのウッドデッキは風雨に晒される屋外で20年以上の耐久性を誇っており、プールの水がかかる程度では全く問題ありません。
またデッキ仕上げをご採用頂くもうひとつの利点は、万が一破損や汚損があった場合、その部分の板だけを交換できるため、補修に大掛かりな工事を要しません。

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

因みに今回用いられているプールは700-Tと云うモデルで本体寸法は2340 × 5360 × 1980mmとなっており居宅に採用される方も多いそうです。

SwimEx冷水槽

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

今回は冷水槽も完備されています。

施工中

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

工事中の写真です。

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

この楽天koboスタジアム宮城に設置された流水プールは階段で上部まで上がるデザインになっておりますが、設置場所の状況によって様々な施工方法で対応致します。

楽天koboスタジアム宮城にご採用頂いた イタウバ ウッドデッキ(宮城県仙台市)

基本的にササクレにくいことからイタウバを標準採用としておりますがデザイン面で他の樹種や塗装仕上げなどにも対応しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう