チェスナット(クリ / 栗)

チェスナット(クリ / 栗)とは

チェスナット(クリ / 栗)は日本を代表する硬い木

チェスナット(クリ / 栗)チェスナット(クリ / 栗)は古来より日本では家屋の土台や寺社仏閣の構造材、鉄道の枕木として用いられ硬い木として有名な樹種です。
国産のチェスナット(クリ / 栗)は昔から鉄道の枕木として重用されてきましたが、年々減少しており、現在では一部の鉄道を除き木の枕木はケンパスが主流となってきており、国産のチェスナット(クリ / 栗)はその硬さと美しさから現在では家具や無垢フローリングなどに用いられる方が多くなっております。

よく似たクリ、ナラ、タモ

チェスナット(クリ / 栗)の色調はオーク(ナラ / 楢)やアッシュ(タモ)と酷似した黄白色ですが、オーク(ナラ / 楢)ような虎斑はなく、杢目は明瞭ですがアッシュ(タモ)程ではありません。
只、実際にこの3樹種を扱っているフローリング工場ではチェスナット(クリ / 栗)ユニフローリングのジョイントにオーク(ナラ / 楢)が混じっていた…なんてこともあるほど小さなピースで見るとその差は分かりにくいものです。
大きな違いは使い込んで経年変化をしてからです。
チェスナット(クリ / 栗)はタンニンを多量に含んでおり、年月を経る従い深い栗色のような色調変化をしてオーク(ナラ / 楢)やアッシュ(タモ)よりも濃くなります。

チェスナット(クリ / 栗)の無垢フローリング一覧

チェスナット(クリ / 栗)の無垢フローリングはプレミアム(節、白太の含まないグレード)の1グレードのみご用意しております。
無料サンプルをご用意しておりますのでお電話:078-862-9936(9:00~19:00 日・祝定休)かFAX:078-862-9946、お問合せ・サンプル請求フォームよりご連絡下さい。

ユニタイプ

ユニとはランダムな長さのピースを3~6枚程度縦方向に継いで一定の長さに揃えられたフローリングの形状で、小さなピースを使用できるため、一枚ものと比較してエコロジー且つリーズナブルな価格で安定供給されています。

チェスナット(クリ / 栗) ユニ 無垢フローリング 15×75×1818mm 【プレミアム:床暖房対応】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:CNTUP-075h(NO1)
形状:ユニ
種類:無垢フローリング
寸法:15×75×1818mm
入数:1.64m²(12枚)
グレード:プレミアム
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考:床暖房対応

チェスナット(クリ / 栗) ユニ 無垢フローリング 15×90×1820mm 【プレミアム】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:CNTUP-090(NO1)
形状:ユニ
種類:無垢フローリング
寸法:15×90×1820mm
入数:1.64m²(10枚)
グレード:プレミアム
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考

チェスナット(クリ / 栗) ユニ 無垢フローリング 15×90×1820mm 【ラスティック:アンティーク加工】UVウレタン:ダーク色

品番:CNTUR-090(UCD)a
形状:ユニ
種類:無垢フローリング
寸法:15×90×1820mm
入数:1.64m²(10枚)
グレード:ラスティック
塗装:UVウレタン:ダーク色
備考:アンティーク加工

チェスナット(クリ / 栗)無垢フローリングの塗装

無塗装品も御座います

チェスナット(クリ / 栗) 無垢フローリングを施工後、自分で塗装をしたい方に無塗装品もご用意しております。
またご希望に合わせてオスモやリボス、BONA、エシャなど様々な自然塗料を塗装して納品することも可能です。オイル仕上げの塗装方法やメンテナンス方法なども合わせてご説明させて頂きますのでお問合せ下さい。

チェスナット(クリ / 栗)無垢フローリングの施工事例

只今チェスナット(クリ / 栗)無垢フローリングをご採用頂きました施工事例を募集しております。

チェスナット(クリ / 栗)の経年変化

チェスナット(クリ / 栗)の経年変化施工直後のチェスナット(クリ / 栗)は明るい黄白色ですが、タンニンを多量に含んでおり、その影響で使い込むことで深く落ち着いた栗色へと変化していきます。

チェスナット(クリ / 栗)を選ぶ理由

チェスナット(クリ / 栗)は前述した通りオーク(ナラ / 楢)、アッシュ(タモ)と色調が似ている樹種です。
その3樹種の中で敢えてチェスナット(クリ / 栗)を選ぶ理由はオーク(ナラ / 楢)ほどメジャーな無垢フローリングではなく、寸法安定性に優れており、アッシュ(タモ)ほど派手な杢目ではない点でしょう。
また長年使い込むことで美しく上品な栗色の濃色系へと変化するのもチェスナット(クリ / 栗)の魅力のひとつです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう