シダー(スギ / 杉)

シダー(スギ / 杉)とは

日本中にあるシダー(スギ / 杉)

シダー(スギ / 杉)シダー(スギ / 杉)は日本固有種の針葉樹で柔らかな足触りと、ナチュラルな風合いから和洋を問わず親しまれている無垢フローリングです。
北は北海道の月形杉、道南杉、そして南は鹿児島県の屋久杉まで日本各地に生育しており、古来より吉野杉、秋田杉天竜杉など日本各地にブランド杉と呼ばれる伝統的な植林地があります。

吉野杉

エコロキアでは全国各地の杉を取り扱っておりますが、レギュラーとしては奈良県の吉野杉を中心に無垢フローリング、羽目板をご準備しております。
吉野山は関西の人にとっては桜の名所として親しまれていますが、吉野杉、吉野桧の植林地として非常に古い歴史を誇り、造林史上最古と云われ西暦1500年頃(室町時代)から植林が行われていたと文献に記録があるそうです。
そして西暦1500年代終盤(安土桃山時代)には大阪城、伏見城の築城に吉野杉が使用され、西暦1600年代(江戸時代)に入ったころには既に「吉野ブランド」として年輪巾が繊細且つ均一で丸太の芯が中心にあり、曲がり、反りが少なく、強度に優れ、赤身が美しい光沢があり人気があったと云われています。

シダー(スギ / 杉)の無垢フローリング一覧

シダー(スギ / 杉)は赤身と白太が明瞭で白太だけの「」 、赤身だけの「」、赤身と白太が混在する「源平」と色調で分けられており、また節のない「無節」 、小さな節だけの「上小節」 、生節、埋木の入る「一等」などグレードに分けられています。
無料サンプルをご用意しておりますのでお電話:078-862-9936(9:00~19:00 日・祝定休)かFAX:078-862-9946、お問合せ・サンプル請求フォームよりご連絡下さい。

一枚ものタイプ

一枚ものとは1枚のフローリングに一切の継ぎがなく、一定の長さに揃えられたフローリングの形状で、1本の材料から生産できる量も限られており希少性が高く、また施工した際にフローリングの目地(糸面)が他の形状よりも少なくなるためスッキリとした空間をデザインします。

シダー(スギ / 杉) 一枚もの 無垢フローリング 15×112×2000mm 【無節:吉野杉源平】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:CDROP-112(NO1)
形状:一枚もの
種類:無垢フローリング
寸法:15×112×2000mm
入数:1.79m²(8枚)
グレード:無節
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考:吉野杉源平

シダー(スギ / 杉) 一枚もの 無垢フローリング 15×112×2000mm 【上小節:吉野杉源平】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:CDRON-112(NO1)
形状:一枚もの
種類:無垢フローリング
寸法:15×112×2000mm
入数:1.79m²(8枚)
グレード:上小節
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考:吉野杉源平

シダー(スギ / 杉) 一枚もの 無垢フローリング 15×112×2000mm 【普及品:吉野杉源平】オイル仕上げ(透明つや消し)

品番:CDROR-112(NO1)
形状:一枚もの
種類:無垢フローリング
寸法:15×112×2000mm
入数:1.79m²(8枚)
グレード:普及品
塗装:オイル仕上げ(透明つや消し)
備考:吉野杉源平

シダー(スギ / 杉) 一枚もの 無垢フローリング 15×112×2000mm 【普及品:吉野杉源平】オイル仕上げ(フロストホワイト)

品番:CDROR-112(NFW)
形状:一枚もの
種類:無垢フローリング
寸法:15×112×2000mm
入数:1.79m²(8枚)
グレード:普及品
塗装:オイル仕上げ(フロストホワイト)
備考:吉野杉源平

シダー(スギ / 杉) 一枚もの 無垢フローリング 15×112×2000mm 【普及品:吉野杉源平】オイル仕上げ(ヴィンテージブラウン)

品番:CDROR-112(NVB)
形状:一枚もの
種類:無垢フローリング
寸法:15×112×2000mm
入数:1.79m²(8枚)
グレード:普及品
塗装:オイル仕上げ(ヴィンテージブラウン)
備考:吉野杉源平

シダー(スギ / 杉) 一枚もの 無垢フローリング 15×112×2000mm 【普及品:吉野杉源平】オイル仕上げ(ファントムブラック)

品番:CDROR-112(NPB)
形状:一枚もの
種類:無垢フローリング
寸法:15×112×2000mm
入数:1.79m²(8枚)
グレード:普及品
塗装:オイル仕上げ(ファントムブラック)
備考:吉野杉源平

羽目板タイプ

羽目板とは壁や天井に張るための無垢板のことで、サネ加工が施してあり、フローリングのようにサネがキッチリと収まる「本実(ほんざね)」と、サネのオスが長く溝ができる「合決り(あいじゃくり)」などの種類があります。

シダー(スギ / 杉)無垢フローリングの塗装

無塗装品も御座います

シダー(スギ / 杉)無垢フローリングを施工後、自分で塗装をしたい方に無塗装品もご用意しております。
またご希望に合わせてオスモやリボス、BONA、エシャなど様々な自然塗料を塗装して納品することも可能です。オイル仕上げの塗装方法やメンテナンス方法なども合わせてご説明させて頂きますのでお問合せ下さい。

シダー(スギ / 杉)無垢フローリングの施工事例

只今シダー(スギ / 杉)無垢フローリングをご採用頂きました施工事例を募集しております。

シダー(スギ / 杉)の経年変化

シダー(スギ / 杉)の経年変化シダー(スギ / 杉)は赤身、白太の濃淡差がありますが、赤身部分は徐々に濃くなり、赤さは少しづつ褪色して落ち着いたブラウンへと変化します。
そして白太部分はやや濃くなりますが赤身の部分ほど濃くはならず、より一層濃淡差が増して杉らしい表情へと変化します。

シダー(スギ / 杉)の無垢フローリングを選ぶ理由

シダー(スギ / 杉)は和モダンデザインにも合い、素足で生活する日本の住宅にとっても最も適した無垢フローリングと云っても過言ではありません。
確かに柔らかく、傷付きやすいと云うデメリットはありますが、冬も温かくその足触りは「無垢フローリング=温かい」を最も感じさせてくれるでしょう。
節や埋木などがありシダー(スギ / 杉)は「山小屋っぽい」と云われることもありますが、節のなし「無節」や節の少ない「上小節」などを選択して頂ければスッキリとした空間づくりも可能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう