ウッドデッキ

イタウバ ウッドデッキ

イタウバとは
イタウバは主にブラジルを原産地とするクスノキ科の常緑広葉樹で、油分を多く含む材質のため表面が滑らかで、その他のハードウッドと比較して経年変化、乾燥によるささくれが非常に少ない樹種のため素足使用することが可能な数少ないハードウッドのウッドデッキ材として人気があります。
またこの油分を含む材質のおかげで腐朽菌などに対しても耐性があり、シロアリなどの害虫にも強いため、イペと並び非常に信頼性の高い木材として、桟橋や鉄道の枕木などの構造材にも数多く使用されています。

続きを読む

セコイア

セコイアとは
セコイアとはスギ科セコイア属の常緑針葉樹で、その樹高は平均でも80mにも及び、カリフォルニア州レッドウッド国立公園内にある「コースト・レッドウッド」は樹高111.4m(およそ35階建てのビルに相当)、直径6.7m、樹齢2000年以上を誇る世界一の大樹です。
19世紀からの乱伐によって、原生林の96%が失われてしまいましたが、1918年にレッドウッドを守る会が創設され、1968年に国立公園となり、1980年に世界遺産となって保護されており、現在市場に出回っているセコイアは原生林を回復させるため、製材所が所有する私有地内で伐採されたもので、その他の地域では厳格に保護されており、伐採後には伐採量を上回る植林を州政府のより義務付けられています。

続きを読む

クルイン / アピトン

クルイン / アピトンとは
クルインとは東南アジアに分布しているフタバガキ科の広葉樹で、材面があまり美しくないため主に船舶の竜骨、車両、橋などの重構造用材として用いられています。
インドネシア、マレーシアでは「クルイン」と呼ばれておりますが、フィリピンでは別名「アピトン」と呼ばれており、この名前でトラックの荷台に使用される材として有名です。
材質はハードウッドの中では比較的比重が0.8前後と軽いため加工しやすく、心材は暗赤褐色で強度があり、また特有の樹脂があるため防虫性は高く防カビ、耐水性にも優れています。

続きを読む

ケランジ ウッドデッキ

ケランジとは
ケランジとは東南アジアに分布しているジャケツイバラ科と云うマメ科に近縁な科の常緑広葉樹で、日本ではジャケツイバラ科と云うと漢字表記では「蛇結茨」と書くように、蛇が絡み合うような棘のある植物ですが、ウッドデッキとなるケランジは太平洋鉄木などと呼ばれる直径1mを超える大樹です。
別名「ゴールデン・バツ」、「カリエン」、「ユーラシアン・チーク」などと呼ばれており、色調は黄褐色で、非常に滑らかな木肌から高級感のあるチーク材を連想させる仕上がりとなります。
バツ系と分類されておりますが、有名なセランガンバツを凌ぐ耐久性を発揮し、シロアリなどの虫害や、カビ、菌などの腐朽菌に対する抵抗力の高さも定評があります。
非常に重厚で、強度に優れており、割れにくく、反り、曲がりにも強い樹種で、樹液色も薄いため灰汁による汚れも目立たず、地面や壁面を汚す可能性が低いデッキ材です。

続きを読む

ウリン / ボルネオ・アイアンウッド ウッドデッキ

ウリン / ボルネオ・アイアンウッドとは
ウリンとはフィリピン、インドネシア、マレーシアに分布するクスノキ科の常緑広葉樹で別名で「ビリアン」、 英名は「ボルネオ・アイアン・ウッド」と呼ばれ、その名が示す通り非常に強い木材です。
その耐久性は木材の中でも世界一と云われており、海中でも腐りにくく使用できるため、海岸線のウォークデッキや桟橋などでも重宝されています。
また樹液に天然のポリフェノール(抗酸化化合物)を約14%含んでいるため、バクテリアの繁殖を抑え、防腐性に優れており、シロアリやフナクイ虫など虫害に対する強い耐久性にも優れています。

続きを読む

セランガン・バツ ウッドデッキ

セランガン・バツとは
セランガン・バツとはインドネシアのスマトラ島、ボルネオ島、スラウェシ島、ニューギニア島、マレーシアを主たる産地とするフタバガキ科の常緑広葉樹で別名「バンキライ」、「イエロー・バラウ」などと呼ばれています。
このバツ材の「バツ」とは「石」と云う意味を持つことからその硬さがお分かり頂けることと思います。
耐久性に関してはウリンと比較して若干劣るとは云え、チーク材の1.5倍の強度を誇りシロアリや菌、微生物には極めて強く、優れた耐腐朽性を発揮します。

続きを読む

イペ / ブラジリアン・ウォルナット ウッドデッキ

イペ / ブラジリアン・ウォルナットとは
イペとはブラジル、ペルー、パラグアイ、ボリビアを主たる産地とする南米のノウゼンカツラ科の常緑広葉樹で別名「タベブイア」、「ラパチョ」、「パオロペ」、「イペタバコ」 などと呼ばれています。
イペ材はウッドデッキとしての用途の他にも屋内での高級無垢フローリングとしてヨーロッパやアメリカでは古くから用いられています。
耐水性にも非常に優れており、港湾エリアなどでの桟橋やウォークデッキとしても人気が高く、アクアラインの海ほたるや上野公園の不忍池などで用いられていることは有名です。

続きを読む

アマゾン・ジャラ / マニルカラ ウッドデッキ

アマゾン・ジャラ / マニルカラとは
アマゾンジャラとはアマゾン川流域で、ブラジル、南ベネズエラ、ペルー、ガイアナの主に降雨量が多い広大な熱帯雨林地域を産地とするアカテツ科の常緑広葉樹で、別名「マニルカラ」、「マサランドゥーバ」などと呼ばれています。
ウリンと同等と云われるほどの強度を誇る超硬質、高比重、高密度な木材で、耐久性も高く、シロアリやフナクイ虫などの虫害に対しても非常に強い対抗性を持っています。

続きを読む