ナイジェリア産チーク

先日ご依頼頂いた客船の手摺りに使用するチークを様々な国の知り合いに問合せしているとベトナムの工場からナイジェリア産のチークの情報を入手。

ナイジェリア産のチークは経験がないので、このフリッチの写真を見て、そもそも学術的にチークなのかどうかも分かりませんが、芯去り、白太なしの3m以上となるとこのぐらいのサイズでなければ難しいかも知れませんね。

ナイジェリアのチーク

最近、ベトナムの方ではアフリカ材が結構入ってきており、ウェンジやブビンガ、アフリカン・パドウクなどの有名ものから今まで聞いたこともないような珍しいものまであり、是非見に行きたいところですが、今回の手摺りは本数が少ないので検品の予算は出ないなぁ…。

ナイジェリアのチーク

インドネシアの方もスラウェシ産は杢目がボケているので、ジャワ産のチークを選別して使用した方が良いとアドバイスを頂きましたが、こちらも現地に行って選別したいけれども…。
何か他の用事をからめて行こうかな。
誰かベトナムかインドネシアの工場見学したい方は居ませんかね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう