チークの手摺り

客船で使用するチーク材を用いた手摺りのご依頼を頂き、現物サンプルをお預かりしました。

拝見するとビルマチーク / ミャンマーチーク製。

チークの手摺り

ミャンマーの工場で生産することも可能ですが、納期と工場の品質管理から考えるとインドネシアの工場で生産する方が無難かな。
…とは云えここまで杢目の詰まった上質なチーク材で3m以上のものが造れるのかそれも少々不安。
現地に検品に行けるような数量でもないので工場の品質管理が信頼のおける工場となるとあとはタイか…。

チークの手摺り

なかなか悩ましい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください