タガヤサンとウェンジ

新年初出社。
先ずは工場・ショールームのお片付け。

そんなワケ工場・ショールームにある木のモノ紹介。
タガヤサンとウェンジの端材。

こちらがタガヤサン。
…と云ってもムラサキタガヤサン。

タガヤサンとウェンジ

そしてこちらがウェンジ。

タガヤサンとウェンジ

因みに「本物」のタガヤサンの無垢フローリングも受注生産するコトが可能です。
「本物」とはマメ科 Cassia 属のタガヤサンで、代替品として使用される同じマメ科 Milletia 属のムラサキタガヤサンやウェンジとは一線を画します。

しかしギターや楽器を好む方にはウェンジの方がメジャーなためか、設計士様から『ウェンジのフローリング』と云う要望を頂きます。

ウェンジはアフリカ中西部に位置するザイール、コンゴ共和国、ガボンに生息する樹種のため、フローリングを現地で生産するのは設備的にもコストの面でも難しく、ムラサキタガヤサンはミャンマー(現地名:チンウィン)にありますが非常に高価な樹種です。
まぁミャンマーでは安定供給が現時点では困難なので、本末転倒ですが「本物」のタガヤサンの方がベトナムで代用するならと云ったところです。

ミニマムロットは1コンテナ分程度必要でしょうが複合フローリングでも生産可能ですので、ご要望が御座いましたらご相談下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*