無垢一枚板のテーブル天板

友人が会社のリノベーションに伴い無垢一枚板のテーブル天板を探しているとのコトで「大人の遠足」…と称して奈良県吉野へドライブ。

エコロキアでは無垢フローリング、ウォールパネル、ウッドデッキを中心に無垢材を用いた家具、建具、内外装を問わずご相談頂きましたら手配致しますので天板もお任せあれ!…と途中、道の駅などに立ち寄り衝動買いをして遠足気分を満喫しながら向かうは吉野の製材所。

吉野の植林は密集植林で、細かく詰まった年輪の長く真っすぐな木を育てているため、あまり直径の大きなモノはないそうですが、そんな中、幅1050mm、長さ2000mmの吉野杉を発見。
非常に魅力的なのですが長さが足りず敢え無く辞退。

無垢一枚板

次に向かったのは無垢材のテーブル天板を専門に扱っている木工所。
国産材では杉、桧、栃、欅など、外材ではタモ、カバ、アメリカン・ブラック・ウォルナット、アメリカン・ブラック・チェリー、チーク、ブビンガ、モンキーポッドなど目移りするほどお宝満載。

無垢一枚板

残念ながら友人の会社で使用するのに丁度良いサイズのモノが今回は見つからず、再来週に再び「大人の遠足第2弾」で近場の材木屋さんを巡るコトに。

無垢一枚板

そんな中、僕はミイラ取りがミイラになってしまい、エコロキアの工場・ショールームに使用するヤマザクラのカウンター材を一目惚れして衝動買い。

無垢一枚板

2週間ほどで仕上がるそうなので、丁度自分自身の誕生日ぐらいには出来上がるかな。
それまでにカウンターを設置できるようにDIYリノベーションを進行しておかなくちゃ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう