賃貸マンションに無垢フローリング

今日は午前中に芦屋市内にある賃貸マンションのリノベーション工事の打合せをして、午後からは大阪市内にある賃貸マンションのリノベーション工事の打合せ…と2連続で賃貸マンションに無垢フローリングを施工する案件。

賃貸マンションに無垢フローリング

そのうち芦屋市内の賃貸マンションは築年数が50年近くとかなり古い建物で、畳をめくって下地を確認したところ予想通りガタガタ。
板を剝がして下地からやり直さなければならないかな。

賃貸マンションに無垢フローリングなんて贅沢な!…と云う方もいますが、むしろ賃貸物件には無垢フローリングの方が適していると云っても過言ではありません。
もちろん高級な樹種を用いる必要はなく、一般的な樹種で良いかと思いますが、無垢フローリングならば、使い込むほどに風合いが増すので入退去時に貼り替えが不要で、オイル仕上げにしておけば傷などの補修が容易。
不特定多数の人がどのような使い方をするか分からない賃貸マンションだけに貼り替えせず、補修ができると云うのは非常にメリットとなります。

賃貸マンションに無垢フローリング

競争の激しい賃貸マンション事情で、今時スラブに直接CFを張った床や、味気ない合板のフローリングよりもデザイン面でも無垢フローリングを採用してみては如何でしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*