無垢フローリングの傷補修

先日はヒノキの無垢フローリング施工時についてしまった凹みの補修をしましたが、次は施工後10年ほど経過して、椅子の脚やワンちゃんの爪で傷がついてしまった花梨の無垢フローリングの傷補修です。

今回はお世話になっている建設会社様が10年ほど前に建てたビルの1室で、花梨の無垢フローリングが敷かれたダイニングルーム。
前回のヒノキの無垢フローリングは蜜蝋ワックス仕上げだったので補修は容易でしたが、今回の花梨の無垢フローリングはUVウレタン塗装が施してあるためかなりの大変。

花梨無垢フローリングの傷補修

数ある無垢フローリングの樹種の中でも硬いことで有名な花梨で、しかもUVウレタン塗装をしていたとしても、10年経てば真ん中に置いてあったカーペットを挟んで椅子の脚元は傷だらけ。

花梨無垢フローリングの傷補修

つや消しのオイル仕上げであれば傷はあまり目立ちませんが、光沢のあるウレタン塗装の場合、どうしても傷が目立ちます。
またオイル仕上げの場合は傷や凹みを部分的に補修することができますが、光沢のあるウレタン塗装の場合、部分補修すると全体の光沢感と、補修した部分の光沢感が変わってしまうため、綺麗に仕上げようと思うと結果的に全面しなければなりません。

花梨無垢フローリングの傷補修

先ずは全体的にサンディングをして、傷付いている箇所は傷が目立ちにくくなるまで研磨。
ウレタンリムーバーのような溶剤でウレタンを溶かして剥離すれば早いのですが、匂いがきつく、今回はご入居中の現場でしたので手作業でサンディング。
表面のウレタン層が剥離できれば素地の無垢フローリングの補修。

花梨無垢フローリングの傷補修

補修が終わると下塗りで一液性水性ウレタンクリアー塗料を3回ほど塗り重ねます。

花梨無垢フローリングの傷補修

そして仕上げに光沢感を出すために樹脂ワックスを2回かけてピッカピカ。
遠目に見れば傷は目立たなくなりました。

花梨無垢フローリングの傷補修

只、今回は手作業だったため新品同様とまでは行かず、日焼けの境目や深くついた傷は小傷として残りました。

花梨無垢フローリングの傷補修

完全養生をしてドラムサンダーで0.5mmぐらい削り落としてすれば完全に新品同様にすることも可能です。

花梨無垢フローリングの傷補修

普段、無垢フローリングを専門に扱っており、最近のニーズでつや消しのオイル仕上げが主流になってきておりますが、光沢のあるウレタン塗装+ワックス仕上げもなかなか良いものですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう