無垢フローリングで後悔する人、しない人

今日は少しゾッとするお話。アクセス解析でどのようなキーワードで検索されているのか調べてみるとTOP5に…


無垢の床 後悔

  • 無垢の床 後悔
  • チークウォールパネル
  • 無垢のフローリング 後悔
  • 無垢床 後悔
  • フレンチヘリンボーン

と云う結果。

無垢フローリングを採用する前に「貼ってから後悔したくない!」と云う気持ちで検索している方も多いとは思いますが、既に無垢フローリングを貼ってから後悔している方もかなり多いのではないかと思います。

では実際、無垢フローリングを貼って後悔する人としない人の差は何か…ズバリ云って無垢フローリング、無垢材に対する知識と流通経路に原因があります。
無垢フローリングが生産されて、お施主様に届くまでにどのような経路があるのか、先ずは登場人物のご紹介。

お施主様

最終的に無垢フローリングを使用する人。
残念なことですが無垢フローリングを使用して後悔するお施主様も決して少なくありません。

大工・職人

無垢フローリングを施工する人。
全ての床材に対して無垢フローリングのシェアは10%ほどのため、無垢フローリングの施工経験がある大工・職人さんは実は10人にひとり程度。
大工・職人さんに正しい施工方法が伝わらない場合にトラブルが発生しやすくなります。

工務店・設計士・プランナー

無垢フローリングを採用する人。
床材だけではなく、インテリア、エクステリアに関する商品の膨大な知識を必要とされるため、無垢フローリングのような特殊な建材に掘り下げた知識を持つことは困難。

無垢フローリングの生産・輸入

無垢フローリングを生産・輸入する人。
弊社はこれに該当します(それにしてはイラストが爽やか青年)が、無垢フローリング・無垢材に関するノウハウを工務店・設計士・プランナー、大工・職人、お施主様まで正しく伝えることが課題。
本来はこの先に山の所有者、伐採業者、製材業者などが控えておりますがそちらは割愛。

注意の必要な流通経路1

無垢フローリングの流通経路1

一般的な流通経路ですが、お施主様に無垢フローリングの特性や日々のメンテナンス方法などが伝わりにくく、「思っていたものと違う」や、間違った知識でメンテナンスしてしまいトラブルが発生する恐れがあります。

注意の必要な流通経路2

無垢フローリングの流通経路2

いわゆる「施主支給」と云う方法で、コスト削減には良いかも知れませんが、大工・職人さんに正しい施工方法が伝わりにくく、よくあるトラブルとしては、洗い業者さんが一般的な合板フローリングと同様に濡れた雑巾やモップで清掃してしまい、無垢フローリングが膨張、ササクレ、割れなどを発生させてしまうコトが結構あります。
特にネット通販で無垢フローリングを購入する際は要注意です。

では、どのような流通経路が無垢フローリングで後悔する人を減らすコトができるのか?

間違った樹種選び、間違った施工方法、間違った塗装、間違った使い方、間違った補修方法…を無くすためには、それらの情報をしっかりと共有する必要があります。
無垢フローリングに限った話ではなく、「注意事項はホームページに記載しています」…では伝わりきらないコトがたくさんあり、一番の解決策は生産者側と消費者側の距離を如何に縮め、情報が過不足なく伝わるかが重要です。

無垢フローリングの流通経路3

逆に云えばシッカリとした説明を受けて、正しい知識で使用して頂ければ後悔するようなコトはなく、末永く使って頂けます。
そのため、エコロキアでは工務店・設計士・プランナー様、大工・職人、お施主様に対して無料の無垢フローリング講習会を行っております。
何だかステマのようになってきましたが、弊社の工場・ショールームでも、工務店様のオフィスでも場所を問わず、ご依頼が御座いましたら講習会を開催させて頂いております。

是非、無垢フローリングで後悔する人をなくすためにも正しい知識をお施主様にお伝えできるように生産者側の協力体制を築いていきたいと思います。

これから無垢フローリングを使うので後悔したくない人へのアドバイス

先ず、無垢フローリングに限った話ではありませんが、インターネットに漂っている情報は100%鵜呑みにしないで下さい。
例えば、「無垢フローリングにオリーブオイルを塗ると良い」などと云うのは論外ですが、マンションの遮音、床暖房など間違った知識での施工方法などもインターネット上に見受けられます。

施工をお願いする工務店・設計士・プランナー、大工・職人さんがどれだけ無垢フローリング及び、それにまつわる建材(塗料、接着剤、床暖房、遮音材、下地、框、巾木、建具などなど)に関する知識があるかを充分に見極めることが無垢フローリングを使って後悔しないためのポイントです。
工務店・設計士・プランナー、大工・職人さんも、無垢フローリングの採用に不安がある場合は、エコロキアに限らず、無垢フローリングの専門家を気軽に召喚できることもアリでしょう。

既に無垢フローリングを施工して後悔している人へのアドバイス

後悔している理由にもよりますが、汚れや傷、日々のメンテナンスについて後悔しているのであればご相談下さい。
軽微な割れや凹み、虫食いなど内容によってはDIYレベルで補修できるようなことも数多くあります。
貼り換えが必要な場合や、ウレタン塗装品などDIYでは補修ができないようなケースは近県であれば修復手配を致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。


エコロキアブログに登場する樹種

コメントを残す

*