レッドパイン / 欧州赤松 羽目板 塗装開始

ここのところウッドデッキ絡みのお仕事が続いていましたが、今秋から5月中に現場に収める無垢フローリングの塗装作業がビックリするほど入ってきて大忙し。

そんなワケで第1弾がレッドパイン / 欧州赤松の羽目板。

レッドパイン / 欧州赤松 羽目板

長さが3900mmの長尺のため工場内でも取り回しが大変。
よくよく考えたら実際に使用するのは高さ1100mm程度の腰壁なので、あらかじめ1200mm程度にカットしてから塗装します。
今回は「アンティーク」と云う程ではなく少し使い込んだような風合いのオイル仕上げ。

こうも長いとカットするのもひと苦労。
昔は長尺のラオス松なども人気がありましたが、今では配送が難しいため無垢フローリング、羽目板の長尺ものは減少してきましたね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。


エコロキアブログに登場する樹種

コメントを残す

*