スプーンカットの注意点

無垢フローリングの表面加工のひとつに「スプーンカット」、またの名を「いしがき」と呼ばれるデザインがあります。
絶妙な凹凸感と木のぬくもりで気持ちの良い足触りでよくご注文頂くのですが、製作する上で注意点があります。

今回もバーチ(カバ / 樺)にスプーンカット加工を施した無垢フローリングをご発注頂きましたので別工場でスプーンカット加工を施し、エコロキアの工場に入れて貰いました。

スプーンカットの注意点

非常に細かいコトなのですが、無垢フローリングの貼り合わせの部分の糸面がなくなるため、コンマ数ミリですが引っ掛かりができてしまいます。
土足であれば気になるレベルではありませんが、ストッキングなどは引っかかってしまいます。

スプーンカットの注意点

そんなワケでエコロキアではひと手間加えてこの部分を全て紙やすりを使い手作業で角を落としています。

スプーンカットの注意点

こうやっておくと無垢フローリングの貼り合わせの場所でも違和感なく、スプーンカットの気持ちの良い足触りを楽しんで頂けます。

スプーンカットの注意点

毛抜きで魚の小骨を抜いてお料理するのと同じで、派手な作業ではありませんが結果は大違い。
今日中に全部角を落としてオイル仕上げをしなくては。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう