特注マホガニー超幅広三層フローリング

設計士様からのご依頼で、ワシントン条約で取引が制限され、ビルマチーク / ミャンマーチーク、ヨーロピアン・ウォルナットとともに『世界三大銘木』のひとつに数えられるマホガニーを用いた185mm幅の三層フローリングのサンプルをご紹介。

そんな仰々しい肩書きを持つマホガニーですが、本家本元の中米、南米の北部原産の大葉マホガニーではなく、基本的にはその種をインドネシアで植林材している大葉マホガニーなので価格面では安価な樹種です。
しかし植林材のため大径木があまりないため、白太を含まず幅広無垢フローリングの生産は困難で通常は120mm幅まで。

特注マホガニー超幅広三層フローリング

しかし今回の受注生産品は185mm幅と云う超幅広。無垢フローリングではなく、コアにメルバウやマホガニーのCDグレードを使用した三層フローリング。
総厚は15mmで表面のマホガニーは3mmの厚みがあり、敷き並べれば無垢フローリングと遜色ありません。

特注マホガニー超幅広三層フローリング

このサンプルの仕上げはUVウレタン3分ツヤですがオイルフィニッシュも勿論可能です。
しかし個人的な好みですが、マホガニーは光の反射具合によって、木材の表面の光沢がリボンのように見える『リボン杢』が特徴なので、マットなオイルフィニッシュよりも、もっと光沢のあるウレタン塗装が似合うように思います。

数量にも寄りますが受注生産可能ですのでご興味のある方はお問合せ下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう