かりまた加工

無垢フローリングは天然木の持つナチュラルな風合いが魅力ですが、塗装や加工によってまた違った素材の風合いを産み出すこともまた魅力だと思います。

今回はお施主様のご要望でオーク(ナラ / 楢)の一枚もの 無垢フローリングに「かりまた」と云う加工を施して、一旦オイル仕上げ(ビターチョコレート)で真っ黒に仕上げて、表面をサンディングしてエッジの部分だけ素地の色を出し、そして最後にオイル仕上げ(透明つや消し)を塗って仕上げております。

何処か鋼板の「縞鋼板(チェッカーズプレート)」にも似た鉄っぽい雰囲気もあり、足触りも独特なものですべり止めの効果もあります。

因みに「かりまた」とは漢字で「雁股」と書き、先が二股に分かれた矢じりのようなデザインからこのように呼ばれています。
無垢フローリングの表面加工は「スプーンカット」も非常に好きなのですが、この「かりまた」もなかなか面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください