ウェンジのインダストリアル パーケット

設計士様よりご要望頂きましたウェンジのインダストリアル・パーケットの試作品です。

ウェンジのインダストリアル パーケット

まぁアフリカのウェンジではなくラオス・ウェンジと呼ばれる樹種でむしろ本物のタガヤサンのインダストリアル・パーケットです。

『本物』とはマメ科 Cassia 属のタガヤサンで、代替品として使用される同じマメ科 Milletia 属のムラサキタガヤサンやウェンジとは一線を画します。

しかしギターや楽器を好む方にはウェンジの方がメジャーなためか、設計士様から『ウェンジのフローリング』と云う要望を頂きます。

ウェンジはアフリカ中西部に位置するザイール、コンゴ共和国、ガボンに生息する樹種のため、フローリングを現地で生産するのは設備的にもコストの面でも難しく、ムラサキタガヤサンはミャンマー(現地名:チンウィン)にありますが非常に高価な樹種です。

今回は設計士様より『ウェンジのインダストリアル・パーケット』のご要望がありましたがコスト面と製品の安定供給を考慮して、『本物のタガヤサンのインダストリアル・パーケット』をご紹介すると云う主客転倒なのですが…。

受注生産にて『本物』のタガヤサンの無垢フローリング、複合フローリングなども生産可能ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう