アメリカン・ブラック・ウォルナットの自作デザインパーケット

設計士様より強いご要望でアメリカン・ブラック・ウォルナットのユニ 無垢フローリングを加工して自作のデザインパーケットを作成しました。

エコロキアにある工具の押し切りと昇降盤を駆使して寸法に合わせてアメリカン・ブラック・ウォルナットのユニ 無垢フローリングをカットしていくのですが、製材用の機械ではないので、コンマ数ミリの誤差でもなかなか綺麗に揃わないデザインパーケットはかなり難易度の高い加工です。

アメリカン・ブラック・ウォルナットの自作デザインパーケット

特にピッタリななめ45度のカットは機械の精度が高くないため、削っては合わせて、また削っては合わせてなかなか骨の折れる作業。

アメリカン・ブラック・ウォルナットの自作デザインパーケット

今回はキッチン手前の僅かな面積だったので作成できましたが、もう少し精度の高い機械が欲しくなります。
そうなるともう少し大きな工場にしたいなぁ、それならちょっとしたサネ加工が出来るようにトリマーを導入して、木だけではなくアイアンの加工も出来るようにしたいし、レジンを使ったデザインもしてみたい、あとレーザー彫刻機も…と下手の横好きで様々な機械、工具を妄想中。

でも先ずはもう少し高精度なのこぎりからかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう