オスモ 3161 エボニー × アカシア色見本作成中

今日はちょっぴり苦労話。
以前、アカシアにファントムブラックを塗装したサンプルと、同じくアカシアにリボス タヤエクステリア ブラックを塗装したサンプルをお渡ししたデザイナー様より、オスモカラーのウッドワックス 3161 エボニーを塗装したサンプルも見たいとご依頼を頂きました。

エコロキアでは各メーカーの様々な塗料を準備しておりますが、流石に全色ラインナップは不可能で、オスモカラーのウッドワックス 3161 エボニーは手元になく、福岡出張中だったので商社さんで1缶発注しておりました。
サンプルの提出期限は明日の3月10日で、本日までには宅急便で届く予定だったのですが出荷が遅れており本日届かない…との連絡。

慌ててオスモ塗料を小売りしている販売店を探して、何軒か巡ってようやくロイヤルホームセンター豊中店でお目当ての塗料を発見。

オスモ 3161 エボニー × アカシア色見本

こう云う自然塗料はなかなか販売店も少なく、今日必要!ってときには焦ります。
今思えば豊中まで行くなら三木市のオスモ本社に試供品を貰いに行けば良かったなぁ…。
ホームセンターで購入したので1缶6千円と商社さんに発注した分で合わせて1万円オーバー…トホホ。

さて、気を取り直して帰宅してアカシアのカットサンプルに塗装開始。

オスモ 3161 エボニー × アカシア色見本

オスモは基本的に塗布後の拭き取りをしないため、塗布量にムラがでないよう均一に塗り伸ばして塗装をします。
アカシアは結構塗料を弾くので上手に塗るのはテクニックが必要です。

オスモ 3161 エボニー × アカシア色見本

乾燥時間は12時間。
オスモカラーのウッドワックスは基本的に1回塗りですが、フローリングでの使用の場合は乾燥後フロアークリアーを上塗りを推奨しています。
明日の朝イチにフロアークリアーラピッド(最近フロアークリアーエクスプレスに名称変更)を塗って午後にはお客様にお持ちできるかな。

オスモ 3161 エボニー × アカシア色見本

写真は塗りたてなので乾燥すればもう少し落ち着いた風合いになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう