余った無垢フローリングでテーブル作成中

正式なエコロキアのお仕事ではありませんが、ちょっとした趣味とサービスを兼ねて、施工時に余った材を用いてテーブルの作成をしたりもします。

今回は900×1800mm程度のサイズのカフェテーブルをご依頼頂き、施工時に余った材、右からアメリカン・ブラック・ウォルナットを2枚、ローズウッドを3枚、ロックファ / アジアン・ウォルナットを2枚で天板を作成し、一番左側のタガヤサンで縁を造る予定。

余った無垢フローリングでテーブル作成中

通常このように材料をミックスすると工場が異なるためサネが合いませんが、今回はこの3種類のサネが奇跡的に一致したのでこのまま天板にしてしまおうか…。
アメリカン・ブラック・ウォルナットが少し反っているのでそこをどう云うふうに収めるか悩みどころ。
サネを落としてドン付した方が収まり良いかな…。

余った無垢フローリングでテーブル作成中

あくまで趣味のレベルなので、家具屋さんのクオリティを求められるとお断りさせて頂きますが、もし施工後余った材があれば何かお造りしますよ。

明後日から工場に大量に加工をするフローリングが入ってくるので、今日は仮並べでして、明日中に天板だけでも完成させたいな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*