知らなきゃヤバい!無垢フローリングに使用する塗料

本日は意外と知られておらず、また知らないまま間違って使用している方の多い無垢フローリング(木質系フローリング全般)に使用する塗料についてご説明致します。

まず木質系フローリングの仕上げには大きく分けて、

  • 無塗装
  • ウレタン塗装 / 樹脂系ワックス
  • 自然塗装 / オイル仕上げ

と3種類に分別できます。
表面の木は平滑に見えますが、木の導管や杢目の細かな凹凸があり、それが「木の肌触り」を感じさせます。

塗料の違い

上記の図のように無塗装は木の質感を感じるコトができますが汚れやすく、ウレタン塗装 / 樹脂系ワックスは木の表面に塗膜を張るので汚れには強いものの木の質感が感じにくく、自然塗装 / オイル仕上げはその中間と云えるでしょう。
最近ではウレタン塗装でも自然塗装 / オイル仕上げのように木の質感を感じることができるよう浸透しているものもありますが…メンテナンスに難あり。

では具体的にそれぞれのメリットとデメリットを説明しましょう。

無塗装のフローリングのメリットとデメリット

メリット
»木本来の触り心地
»傷の補修が容易
»木の温もりがある
デメリット
»汚れが付着しやすい
»ささくれやすい
»表面割れが発生しやすい

まぁメリットの部分は何とかこじつけですが、無塗装でフローリングを使用するのはお勧めできません。
樹種によっては足の裏の脂でもシミになったりもします。
まぁガンガン使って汚れも傷も味の内!…と朽ちていくのを楽しみたい方なら良いかも知れませんが。

ウレタン塗装 / 樹脂系ワックスのメリットとデメリット

メリット
»汚れに強い
»日々の手入れが簡単
»光沢があり高級感がある
»傷に強い
デメリット
»傷の補修が素人では不可能
»表面は樹脂なので木に触れるコトができない
»触ると冷たい感じ
»光沢感があり無垢材らしさがない
»本当はワックスで定期的なメンテナンスが必要

光沢感は好みにもよりますし、樹種によっても光沢感がある方が格好良い樹種もあります。
傷に関しては塗膜があるので本体に傷がつきにくいものの、塗膜に白い線傷が発生しやすいため、色の濃い樹種の場合は注意して下さい。
またあまり知られていませんが樹脂系ワックスで定期的(ワックスの種類にもよりますが半年~1年ごとにワックス掛けを必要とします。

前述したようにウレタン塗装でも自然塗装 / オイル仕上げのように木の質感を感じることができるよう浸透しているものもありますが、メンテナンスにワックス掛けを必要とするためマットな仕上がりのまま奇麗に使い続けるコトが困難です。

自然塗装 / オイル仕上げのメリットとデメリット

メリット
»そこそこ汚れに強い
»木の質感、温かみが感じられて無垢材らしい
»光沢がなくナチュラルな仕上がり
»傷の補修が容易
デメリット
»定期的な塗り直しが必要
»ウレタン塗装と比較すれば汚れが付着しやすい

やっぱり無垢フローリングを選ぶのであれば「無垢材らしさ」と云う点は非常に重要かと思います。
定期的なメンテナンスは使用する塗料によってその頻度が異なりますが、1年~4年程度なので、ある意味ウレタン塗装 / 樹脂系ワックスよりも手間は少ないと云えます。
また傷などに関しては補修が容易なのでそれ程神経質になる必要もありませんのでご安心を。

「オイル仕上げ」と云うコトでどんなオイルでも良いのかと云うとそう云うモノではありません。
油には不乾性油、半乾性油、乾性油と乾く油と乾かない油をヨウ素価の数値で分けており、インターネット内で「オリーブオイルを無垢フローリングに塗ると良い!」などと誤った情報を書いている方がいますが、不乾性油のオリーブオイルは空気中で固体にならないので絶対に無垢フローリングや木製家具には使用しない方が良いでしょう。

塗料には紫外線で硬化させるUVやラッカー仕上げなどもあり、塗装方法も手塗り、スプレーによるガン吹き、ローラー、フローコートなどの違いや、塗料毎の違いなど細かく云いだすとキリがないので割愛しますが、樹種によっても相性があるので無垢フローリングを選ぶ際には塗料選びも同じぐらい重要なのです。

また施工後、日々のメンテナンスや、定期的に行うワックス掛けやオイル仕上げの塗り直しなどお施主様が自分自身で行わなければならない定期メンテナンスも非常に重要です。
このあたりの大切な話をしないまま商品選びが先行してしまうと「無垢フローリングにして後悔」に繋がってしまうので、メンテナンスの容易な塗料と云う観点からも選んで頂かなければなりません。

文章では書ききれないのでご興味が御座いましたらご相談下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう