シダー(スギ / 杉)無垢扉のエイジング

エコロキアのエントランスは加工性の良いシダー(スギ / 杉)の無垢フリー板を用いて作成しています。

これをそのまま使用すると室内のヴィンテージ感と違和感ができてしますので得意のエイジング加工。
右側が素の状態で、左側が酸化鉄を塗布した状態。

酸化鉄を塗布するとシダー(スギ / 杉)の赤身部分が反応して真っ黒になります。

着色塗装では表現しがたいエイジング感が得られるテクニックで、この上にクリアのオイル仕上げでも着色のオイル仕上げでも塗装をするとより一層深みのある表情になります。
古民家などのリノベーションで木質系建材の「新しさ」がマッチせずに何とかしたい方は安直に「こげ茶」のオイルステインを塗るのではなく、一手間加えると見違えますよ。
ご相談下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください