アガチスの羽目板にチョイ足し

今回エコロキアのショールームの改装で一部天井にアガチスの羽目板を施工予定なのですが、アガチスのスッキリとした清潔感のある表情はウチのイメージとはちょっと違うので一手間加えてカスタム。

通常アガチスは少し赤みのある淡く温かみのある色調に綿密でスムースな杢目が魅力の材。

しかしながら今回のショールームは「アジト」のような怪しげで男っぽい雰囲気にしようと思っているのでアガチスに着色。
ただアガチスのような樹種は普通に着色をしてもノッペリとしてしまい面白みに欠けるのでチョイ足しで酸化させるコトに。

そんなワケで用意したのはスチールウールと、

お酢。

そしてそのお酢にスチールウールを浸して酸化鉄を作成します。
この作成はかなりの悪臭を伴うので覚悟が必要です。


そして完成したものを塗ると一気に経年変化が進んだようになります。
因みに左が通常のアガチスで右が酸化鉄を塗ったアガチス。
これでグッと男前になりました。

明日は実際の商品にこの酸化鉄を塗る作業。
かなり臭い作業になるので覚悟が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください