アカシアで壁作成

思い立ったが吉日、以前からエコロキア工場のシャッターを開けるとフルオープンでちゃんと壁を作りたいと思っていたので本日急遽作成に取り掛かりました。
材料は工場に大量に在庫しているアカシアの90mm幅 ユニ 無垢フローリング ラスティック 無塗装を用いて、所々に余っていた120mm幅 柿渋塗装も挿入。

施工を始めてから気づいたのですが、90mm幅は2種類の工場から仕入れたモノで、サネのサイズが異なり、サネの向きも逆…。
少々加工に手間取りましたが、まぁアカシアのワイルドな表情のおかげで雑なところは目立たないかな。

アカシアの壁

ガラスは以前購入してお蔵入りにしていたアンティークガラスを使用。
窓枠には無垢フローリングのメスザネを加工して作成しています。
このガラスのおかげでなかなか良い雰囲気に仕上がりました。

あとは塗装をどうするか…屋外ですがひさしがあり、よほどの暴風雨でない限り直接風雨に触れるコトはありませんが、屋外用の塗料にすべきか。
それともオイル仕上げで褪せるに任せてヴィンテージ感を出すか。

アンティークガラス

因みに屋内側は野地板を脳天ビス留め。

野地板の壁

野地板の粗野な感じにアメリカンな風合いを出すため白のミルクペイントで仕上げようかな。

あとは開口部の引き戸を製作しなければ。
この寒波が収まる前に完成させたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう