ホーチミン出張3日目

とりあえずプロジェクトのフローリングは生産体制に入りましたが、全量検品をするため仕事は来週末に持ち越し。
そんなワケで本日は新しいアイテム探しでアフリカ材・南米材の原木が大量にあると噂を聞いて訪れてみるコトに。

かなりの大規模な工場内に所狭しと巨大な原木が置いてあり、正直原木を見ても何の木なのかサッパリ解りませんが、知っている名前ではドゥーシェ(マカ)、アフリカン・パダウク(花梨)、ブビンガ、ウェンジ、クルイン、メルバウ、アンジェリーク、エクアドル・チークなどなど。

原木

あとは名前を聞いても英名なのかベトナム名なのかアフリカ名なのか、聞き覚えのないような木もたくさん。

原木

原木なので、ここから無垢フローリングだけを取ると歩留まりの関係から値段が上がってしまいますが、框や巾木、廻り縁などもからめて木取りすれば結構お手頃な価格になるかと思います。

原木

一世を風靡したウェンジやブビンガもご相談頂ければ製材可能です。

原木

僕の興味としては新しい樹種でのウッドデッキになるような面白いものはないかと探したのですが、結構色々と候補が出てきました。

原木

本当は製材した製品の状態を見てサンプルを持ち帰りたかったのですが急な訪問のため叶わず。
まぁ来週きた時にもらいに来れば良いか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう