ホーチミン出張2日目

本日は今回のプロジェクトで決定した色見本を実際の工場の塗料で色合わせからスタート。

朝から工場のワーカーたちと、オークの端切れに塗装をしては日本から持ってきた色見本と見比べて、「太陽光で見てみよう」、「もう少し赤みを減らそう」、「ブラッシングをして杢目を明瞭にしよう」…と言葉は通じなくても何とかなるものです。

検品作業

そんな作業で本日のお仕事は終了。
ようやく色が決まったので、明日から生産開始ですが、今回のプロジェクトは工事を請け負わない材料売りだけなので、全量検品してから納品したいところ。
明日、数十枚検品するだけでは一抹の不安を残すことになるので、やっぱり来週再度訪れて全量検品しなくては。

正直なところ検品だけで1泊2日ベトナムに来るのは今回のプロジェクトの経費面で考えると厳しいのですが、やはり販売側として安心できる商品でなければ…と云う思いもあり葛藤していたところ、そんな時、降ってわいたような話で、ホーチミン市内の建築プロジェクトでメイド イン ジャパンの建材を使いたいと云うご依頼があり、それにからめて再訪問することに決定。

ホーチミン市プロジェクト

まぁこんなプロジェクトが簡単に進むコトはないでしょうが、折角なので飛び込んでみないと。
明日は昔から興味のあったアフリカ材の製材をしている工場にコネが出来たのでそちらにも行ってきます。
やっぱり来てみると何かしら面白いコトがたくさんあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう