艮神社のクスノキ群

写真

艮神社のクスノキ群(うしとらじんじゃのくすのき)と呼ばれる広島県尾道市にある広島県指定天然記念物の クスノキをご紹介致します。

数か月前までWOODS TODAY(http://woods.today/)と云うブログで毎週日曜日に全国の巨樹巨木の情報を発信しておりましたが、残念ながらそのブログは閉鎖となり、一旦は趣味の巨樹巨木巡りを終えたのですが、折角今まで撮り貯めた巨樹巨木の写真をそのまま破棄してしまうのも勿体ないので、こちらのスペースを借りて再開しようかと思います。

記念すべき第1回目は広島県尾道市の艮神社のクスノキ群。

当時のブログで書いた内容に多少加筆をしながら、また前回よりも大きな画像でご紹介したいと思います。

尾道の観光と云えば朱華園のラーメンと、今回ご紹介する「艮神社(うしとらじんじゃ)のクスノキ」と云っても過言ではありません。

文学のこみち01

訪れるのであれば千光寺山ロープウェイで山頂駅へと向かう途中に上空から艮神社のクスノキを見学し、公園展望台から尾道の街並みを見下ろし、文学のこみちを下って、千光寺観光、猫の細道を経て、の艮神社でクスノキを間近で観察するコース。

至る所にアートなオブジェがあり面白いですよ。

猫の細道01

途中猫の細道と云う野良猫がたくさん居るエリアがあり、猫好きには最高でしょうが僕は猫アレルギー持ちなので慌てて退散。

艮神社のクスノキ群04

本殿のすぐ脇にあるクスノキが境内で最大サイズとなっており幹周は7.5m、樹高は25mとなっています。
因みに樹齢は推定900年と云われており、これ以外にも巨大なクスノキが所狭しと見るコトができます。

艮神社のクスノキ群02

因みにこの艮神社は1983年、原田知世さん主演映画「時をかける少女」の舞台となっており、この大クスノキは過去にタイムスリップした芳山和子が同一時間に二重存在は不可能という理論で、幼かった和子が神かくしにあうクスノキとして描かれています。
小林聡美さん主演映画の「転校生」、富田靖子さん主演映画の「さびしんぼう」を含めて大林宣彦監督の尾道三部作を鑑賞してから訪れると、当時の街並みの面影を追うコトが出来るのでオススメです。

艮神社のクスノキ群03

この艮神社のクスノキも印象的ですが、個人的には「転校生」で男子と女子が階段を転げ落ちて男女が入れ替わってしまうシーンを撮影した御袖天満宮の石段は、思わず転げ落ちてみたくなるので男女で行ってみては如何でしょうか。

地図

データ

名称:艮神社のクスノキ群
樹種:クスノキ科ニッケイ属
撮影日:2016年2月14日
所在地:〒722-0046 広島県尾道市長江1-3-5
樹齢:推定900年以上
サイズ:幹周:7.5m 樹高:25.0m
備考:広島県指定天然記念物

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう