海清寺の大クス

写真

海清寺の大クス(かいせいじのおおくす)と呼ばれる兵庫県西宮市にある兵庫県指定天然記念物のクスノキをご紹介致します。

海清寺は西宮市役所の東側にある臨済宗妙心寺派の禅寺で、その門前のすぐ横にそびえる巨大なクスノキがあります。
伝承ではこの海清寺開創の応永初年(1394)に植えられたものとのことなので、樹齢は約600年を超えています。

海清寺の大クス

因みにこの丹塗りの門は赤門と呼ばれており、海清寺三門があり、西宮市の指定文化財に指定されており、その開山の肖像を描いた絹本著色無因宗因画像と云う絵画も同じく西宮市の指定文化財に指定されています。

海清寺の大クス

樹勢はまだまだ旺盛で、他の関西の名だたる巨大クスノキからすればまだ樹齢は半分程度と云ったところで、もっと巨大に成長することでしょう。

海清寺の大クス

確か10年ほど前、お笑い芸人の女と男の和田ちゃんが朝のラジオ『子守康範 朝からてんコモリ!』の「ラジオを聴きながら歩き部」でこの海清寺の大クスを紹介しており、そのラジオを聴いたときにそんなに大きいのなら一度見に行こう…と思ってようやくその日がやって来ました。
ラジオで聴いてイメージしていた風景とは少し異なりましたが、なかなか感慨深いモノです。

海清寺の大クス

この海清寺は六湛寺公園に隣接し、そちらにもクスノキをはじめエノキやムクノキなどがあり西宮市保護樹木に指定されており、国道2号線と交差する西宮市役所前の交差点の南東には西宮市指定天然記念物のクスノキがあります。

地図

データ

名称:海清寺の大クス
樹種:クスノキ
撮影日:2016年7月11日
所在地:〒662-0918 兵庫県西宮市六湛寺町7-25
樹齢:600年以上
サイズ:幹周:5.83m 樹高:35m
備考:兵庫県指定天然記念物

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう